2014年01月27日

宮沢湖に行ってきました

代表の岡部です。
昨日のお話となりますが、宮沢湖に行って参りました。
当初は宮沢湖が目的ではなく山の方に…とかなり漠然とした目標のまま出発していました。

秩父の方かな?位の目標は途中で決めましたけどねw
ところが秩父方面は、駅伝があったらしく交通規制があり気づけば迂回渋滞のど真ん中に…で急遽近場で済ましたという次第ですw
因みに宮沢湖は弊社から30分位でしょうか。

宮沢湖 2-s.JPG
以前、バイクのイベントがここでありましたので来たことはあったのですが湖自体は見てなかったんです。
人造湖なんですね〜

宮沢湖 4-s.JPG

宮沢湖 1-s.JPG


宮沢湖 7-s.JPG
シーズンオフなのでしょう。
ワカサギ釣りをする方々が少々いるのみで辺りは静寂に包まれています。

宮沢湖 3-s.JPG
しばし湖を眺めておりました。
1人で来るとこういう時気楽でいいですねw


暫く宮沢湖におりましたが、雲行きが怪しくなって参りましたので帰路につきます。
福生 改-s.jpg

途中、福生周辺で軽く雑貨を物色しました。
昔からR16に並ぶ個性的な商店群は好きですね〜



特に何も目標がないツーリング(というには短いですがあせあせ(飛び散る汗))というのもいいですね。
因みにこの日は家に着いてすぐ雹が降ってきましたw
間一髪でしたダッシュ(走り出すさま)


短い時間でしたが、気ままに…自分のペースでブラブラしてリフレッシュできました。
今度は目標を決めて…例えば美味しいものでも食べにいきたいですね〜


さて今週も頑張りますよ〜exclamation
ご相談はお気軽にお願い致しますグッド(上向き矢印)


有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html#
posted by OZ-ART at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR PSYCHO!

2014年01月19日

木で作る生活道具2014坂野原也

代表の岡部です。

本日は国立にありますコート・ギャラリー国立で開催されております「木で作る生活道具2014坂野原也」
を見に行って参りました。

http://www.courtgallery-k.com/
※21日までです!

坂野くんは高校の2〜3年にかけて一緒のクラスでした。
共に美術の道に進んだため交流が始まったんですが、実は高校の時はあまり話してませんw
卒業後の学校も、専攻も違っていたためそれっきり…に近かったんですが縁あって個展の開催を聴きつけて足を運んだ次第です。

坂野くんは会っていない間に木工作家になっていました。
元々非凡なセンスは高校の時から感じていましたが、そのまま更に磨きをかけたようで実にいい感じの
家具を制作していました。

坂野原也2-s.JPG
彼の屋号です。

坂野原也11-s.JPG

坂野原也8-s.JPG
実にシンプルな椅子達ですが素晴らしい座り心地でした。
姿勢がいまいち悪い私ですがwこれらの椅子に座ると驚くほど自然に背筋が伸びているのがわかります。
ほんとムリがないんです。

坂野原也15-s.JPG

こちら、かなりリラックスできます。くつろげました〜なんか座っていると心が落ち着いて自宅にいるような気分になりましたw

坂野原也3-s.JPG

坂野原也14-s.JPG

オブジェ的なアプローチのものもあります。
優しい造形ですね。

坂野原也16-s.JPG

坂野原也 1-s.JPG
チェスト的なものもあります。
木材は収縮性のある素材ですので、その辺りも計算に入れるとのことです。
ピシッと決まっているようでどこか「余裕」があるんです。

坂野原也13-s.JPG
こんなものも数点ありました。
釣りをやっていたそうです。

坂野原也6-s.JPG
即使用できそうな小物もあります。


彼は高校時代はどちらかというと尖がったセンスの持ち主だったと思います。
PUNKっぽいイメージでしたね。
ぼんやり…悶々としていた当時の私は「かっこいいな〜」と思っていましたねw

…時を経て彼のセンスはより磨きがかかり、そして優しくなったように思えました。


彼の話を聴いていると使用する人のことをほんとに考えてるな〜と感心します。
あくまで実用品ということを意識しているんです。


弊社の製品は対極にあるかもしれません。
しかしながら同じものづくりを行うものとして学ぶべきものはありました。



さて弊社は先週山を越えた…と思いましたが次の山も大きな山でしたw
一同、今週から再度気を引き締めて頑張って参ります!


有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html#
posted by OZ-ART at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2014年01月13日

久保田弘成展 「テキサスTEXAS廻車」

代表の岡部です。

昨日の話ですが、浅草橋駅前のマキイマサルファインアーツで開催中の「久保弘成展 テキサスTEXAS廻船」を見てきました。

久保田くんは学生時代の後輩です。
以前にもここんぼブログで取り上げたことがあるかと思いますが、とにかく発表が待ち遠しい作家なんです!
いつも予想外のものを予想外の場所で回すんでw

世界各地で車、船などを回すパフォーマンスを行っている彼の今回の発表の地はテキサス州!
今回の個展はその模様の映像と、ドローイングが展示内容となっております。

http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2014/0110/index.html



2014-01-12 13.14.40-s.jpg
今回はギャラリーまで自転車で行ってみました。
片道2時間半くらいかかりましたw
テキサス廻船01477520140114201821_001_R.jpg
貫禄ありますね〜1949年型!

テキサス廻船 101477620140114201901_001_R.jpg

詳細です。

テキサス廻船1-s.JPG

テキサス廻船2-s.JPG

テキサス廻船3-s.JPG

テキサス廻船4-s.JPG
ギャラリー内にはドローイングで埋められています。
テキサスで昼間車の方を制作し、夜は宿でドローイングをしたそうです。

彼のユーモアセンスがわかりますw

テキサス廻船5-s.JPG

テキサス廻船6-s.JPG
世界各国のタバコの空箱ですね、彼の旅の記録です。

テキサス廻船7-s.JPG
現地で拾得した牛骨と回した1949年型シボレーデラックスのパーツで構成させています。
いいバランスですよね〜この乾きっぷりが個人的には好きです。


この他ギャラリーでは、実際の回転するシボレーが見れる動画を流しています。
彼の雄姿はYoutubeなどで見れると思います。
勝新太郎の曲(座頭市!)をバックにグルグル回る巨大な車を見ていると不思議な感覚に襲われます。
彼の作品を見ていていつも感じるのは、なにか…神々しいものを見ている感覚なんです。
畏怖を感じ入るというか。


それにしてもアメリカ車は鉄の質、厚さが違いますね、国産だと40年代の車はこうも形をとどめていないでしょう。


この日は久保田くんも在廊でしたので、久々に色々話ができました。
彼の場合、制作時のエピソードからしてかなり面白いので、こちらも文章化して本にするといい!などと言ってしまいましたw

あとは…歴代のマシンを一堂に集めて回して欲しいですね〜w

彼は卒業制作ですでに現在の表現の片鱗が見えていました。
しかし、そのまま今までやり続けているのは才能でしょうね。


これからも彼の事は応援していきたいと思います。

2014-01-12 18.30.28-s.jpg
自転車で遠出すると問題は帰りなんです。
昼間の暖かさは影を潜め、車の量が段違いです。
両方の意味で震えながら帰ってきました。

普段大して走っていないのにいきなり遠出したので本日はあちこち痛かったですねw


弊社の方はまだまだ物件が続いています。
春まで(?)スタッフ一同頑張っていきます!



有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html#
posted by OZ-ART at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展

2014年01月02日

2014年始動

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

代表の岡部です。
本日は恒例となっている山口観音へ初詣に行って参りました。

2014年1月2日 004-s.JPG
天気もよかったし、駐車場も混んでいるでしょうから堤防を歩いていきました。

2014年1月2日 025-s.JPG

2014年1月2日 027-s.JPG

2014年1月2日 029-s.JPG

2014年1月2日 030-s.JPG

2014年1月2日 032-s.JPG
業務の安全祈願、商売繁盛を祈願し、車の交通安全御守りを購入しました。
初詣に行くと今年が始まる!という実感が沸いて身が引き締まる想いです。

今年は弊社にとってターニングポイントとなる年になる気がしています。
会社は生き物とはよくいいますが、今年は大きく育てたいものです。

今年もスタッフ一同、精進して参ります。
ご相談の方も引き続きお待ちしております!


有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html
posted by OZ-ART at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記