2015年04月29日

BBQ2015!

なんとか今年もできました恒例のBBQ!
代表の岡部です。

昨日はこちらの工房に移転してから毎年行っているBBQでした。
相変わらず平日の真昼間にすいませんw
でもこの行事は私にとってはバロメーターなんです!


過去の記事



BBQ2014
http://oz-art.sblo.jp/article/94532994.html

なんか色々懐かしい…

もう今回で4回目なんです!
この時期は例年繁忙期となりますが、今年は更に多忙を極めておりました。
個人的には「時期をずらす?」と思っていた時期もありましたが、今後の動向を考慮すると
昨日で良かったかと思います。
BBQ準備.JPG  当日の告知画像ですねw TWITTERとfacebookに撮影しました。

食材1.JPG 食材2.JPG  今年も盛り沢山です!

にしむ&eguさん.JPG にしむ&恵美ちゃん1.JPG 

良平さん.JPG  鹿目くん.JPG  …それぞれが準備をしてくれています。

この日は夏日だったでしょうかね。暑いくらいの天候であっという間にビール系が消滅していましたw


集合写真.JPG  連写モードの集合写真でしたw

 良平さん&伴さん.JPG   
インパクトありすぎw 知らなかったら怖い2人?

山岡さん&鹿目くん.JPG
お仕事中につかまってしまった方w あ、ノンアルコールです。

GIRLS GIRLS GIRLS.JPG 最後はGIRLS GIRLS GIRLSで爽やかに!

皆様楽しめましたか?

参加いただきました関連業者様、色々とお気遣いありがとうございました。
お陰様で今年も楽しい宴を催すことができました。
今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。


…さて明日からのGW連休ですが、弊社はほぼカレンダー通りの動きを予定しております。
関係各社の皆様引き続きよろしくお願い致します!


株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BBQ

2015年04月21日

SUNDAY CHOP CHICKEN RACE

代表の岡部です。
またもや岡部ですw

日曜日のお話になりますが、サーキット秋ヶ瀬で開かれたレースを見て参りました。
その名も…

SUNDAY CHOP CHICKEN RACE!
普通サーキットを走らないようなアクの強いバイクが爆走する、一種チキチキマシン猛レース的なレースですw

ナックルチョッパー サイド.JPG アイアン.JPG

INU CHOPPERS.JPG エキモカブ.JPG
当然駐輪場もアクが強いですw お!INU CHOPPERSさんだ!
車種ごとにクラス分けがされているのですが、出る車種が面白過ぎてフリー走行の時間でかなり楽しめてしまいました。

エボ TCレースシーン.JPG  エボリューション、ツインカムクラスはやはり迫力がありました〜

サイドバルブ サックル レース.JPG  サイドバルブ、ナックルクラス。いい音してました〜それにしても古そうなハーレーですね!

ロングフォーク レースシーン.JPG 普通こんなチョッパーはサーキット走りませんw

小宮山さん 出走前1.JPG Kさん!かと思えばこんなきとんとしたマシンも走ります!速かったです!

荒鷲号vエキモ 1.JPG 荒鷲号vエキモ 2.JPG
鉄スクーター限定レースは面白かったですね〜w ラビットの皆さんはガリガリ擦ってました!


普段公道を走っている車両に少しの改造を加えるだけで、出場している方がほとんどだったせいか
場内にピリピリしたムードは少なく、皆さん楽しまれている様子でした。
こういうノリのレースって最近増えてきつつある気がします。

それはそうと何とか持ちましたが、このレースはいつも天候が悪いですねw





さて弊社は今週が佳境でしょうか(いつも言ってますか?w)
疲れが出ている頃ですが、何とか頑張っていい製品を納めていきます!
皆さん頑張りましょう!仕事の先にいるお客様のために!

株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR PSYCHO!

2015年04月18日

『龍子・エルド吉水』漫画立ち読み・彫刻・原画展

代表の岡部です。
ここのところ連投していますねw

昨日は後楽園駅からほど近いギャラリー、A−cornsさんに行って参りました。

A−corns
http://a-corns.jp/gallery/
かなり気になるギャラリーです!

見てきたのは…これ!↓
『龍子・エルド吉水』漫画立ち読み・彫刻・原画展

第一回目より私が追いかけているエルド吉水さんの個展となります。
こちらのブログでもたびたび登場していますね。
全景.JPG  作品群2.JPG
作品群1.JPG  作品群3.JPG 
会場の風景です。
ギャラリー自体もいい空間です。

龍子.JPG 龍子姐さんです。大人しか出せない色気と翳があります…
スカイライン 刺狙里.JPG  刺祖里さんの愛車は箱スカ!顔に似合わず渋すぎるチョイスです。

その古い車はなんだ.JPG  「その旧い車はなんだ?」ごもっともw
いい車だな.JPG  「いい車だな…」 ニコライ氏、気にいってるようですw
ダブルクラッチ.JPG …シートベルトとして…ヒール・アンド・トゥ!

カーチェイス.JPG カーチェイス!中華街でのチェイスは道が狭い分よりスリリングな感じです。

…まぁこれ位で。
続きは会場で見ましょうw

彫塑.JPG 今回は彫塑もあります。あえてフィギュアノリではないのが吉水さんのルーツを感じます。

バレル ボバー.JPG バレル&パンヘッドボバー! バレルさんはアメリカンなノリがピッタリですね!

原画.JPG   今回はタイトル通り原画も展示されています。原画の迫力をぜひ会場で!
                                                         格闘の跡が何ともいいんです。

吉水さん.JPG  
吉水さんに写真をお願い致しました。
ありがとうございます!
もし実写化なんて話が来たら、吉水さんが出演するべきです! フィルム・ノワールの香りがする方です。


抜粋となりますがこのような感じの展示となります。
展示は4/24までです!ぜひ会場に足をお運びください。

日本の漫画は「萌え」だけじゃないんです!
劇画という素晴らしい文化があります。

最近は「龍子」の単行本も発売されたようです。
まんだらけなんかで手に入るようですよ。私も購入しようと思います!

しかし吉水さんはいつも展示ごとに何か仕掛けてきますね〜w そこが通常の手順を踏んだ漫画家と異なる点です。
これからも動向に注目していきたいと思います!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2015年04月13日

第13回 関東スポーツスターミーティング

代表の岡部です。
今日は雨が激しく降っていますね〜昨日はあんなにいい天気だったのに!
そん好天の中、私はバイクのイベントに参加して参りました。
私は久々のMOTORネタですねw

「第13回 関東スポーツスターミーティング」

ハーレーダビッドソンの中でもスポーツスターに絞ったミーティングでしたので、一応スポーツスター乗りの私は
参加してみました。もう13回目のようですが私は初参加です!
(乗り始めたの去年だしw)

厚木PA.jpg
この日は久しぶりの好天のせいかバイクが目立った日でした。
写真は途中時間調整で立ち寄った厚木PAです。
ジャンル問わずバイクがあちこちに停車しておりました。

ミーティングに参加するであろうバイクもチラホラと…


バナー.JPG
HPにある丁重な会場案内のおかげでほぼ迷わず会場入り。
まぁ会場は河川敷って感じでしょうか。

集合1.JPG
AM10時〜12時が開催時間ですので午後からまたどこかに走りに行けますw
私は普段の習性から開場するAM9時には会場入り。
続々と集まってきます…

基本スポーツスターだらけですが、その辺はアバウトです。
数あるバイクの中から気になったバイクをいくつかピックアップします。

FXDL.jpg
私のバイクの隣に停めていたバイクがかっこよかったですね〜
ベースはFXDL?でしょうか。
ビックツインに小さなタンクを装着するのっていいですね!

スポーツスター1.jpg
XLH1200でしょうか?
ほぼストックスタイルながらアイアン調のタンクグラフィックでガラリと雰囲気が変わっています。
こういうの目指したいかな…と。

スポーツスター2.JPG
こちらはとにかくコンパクトにまとまっています。
派手なモディファイはない…と思いきや実に手がかかったバイクでした。
こういうのもいいw

スポーツスター3.JPG
なんか玄人っぽい! 
フォークのロング化、エアクリーナー以外はほぼストック?なんですが実に渋い佇まいでした。
オーナーさんも渋い雰囲気の方で、リアにお子さんを乗せているのが実に自然でしたね。

リジッドエボ1.JPG  リジッドエボ2.JPG
エボリューションエンジンとは思えないオーラ!
リジッドフレーム、スプリンガーフォークの組み合わせは王道のカッコよさ!
こういうのってどんな乗り味なんでしょうか…憧れますがこれは生半可な気持ちでは乗れませんw

FOR SALE.JPG
いいヤレ具合のアイアンがFOR SALEでしたよ。
車もそうですが旧車はナローな雰囲気がセクシーです。


年式同じ?.JPG
なんか親近感ありますw
私のと全くグラフィックが一緒です。年式が一緒なんでしょうか。
う〜ん…私も9キャストにしたいかも。

スポーティーガレージステッカー.JPG
お馴染みのステッカーw 私はビックツインも好きですよ。
ただこういうお茶目なのは好きですね。

鉄仮面 XLH.JPG
鉄仮面のXLHも!
スポーツスターの大先輩です。ツアラー的な要素も微妙に混じっていて唯一無比の存在感でした。

集合2.JPG
高台より撮影しました。
まぁこれだけいますから色々なスポーツスターが来ていましたね。

花.JPG
この日は昨年末の同業者の忘年会で知り合った方(スポーツスターオーナーです!)とまた再会できましたんで、こんな花が咲き誇る川辺で
ホットドックとコーラを飲みながら暫し談笑しました。

イベント自体はスタッフの方のキビキビとした仕切り…それでいてバイク乗りの習性をよく熟知しているw感じの適度なユルさもあり
何をしたわけじゃありませんでしたが、とてもいい時間を過ごすことができました。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

次回も行きたいイベントですね!
これをお読みになっているオーナーの方、次は一緒にどうですか?


…うって変って本日はどしゃぶりの雨。
工房内は現場作業で人が少ない中、追い込み作業となっております。

ここの所中々落ち着かない弊社ですが、お問い合わせがあるのはとてもありがたいことです。
問い合わせいただいた物件を制作している内に制作レベルが上がってきているのを感じます。

今後ともぜひオズアートをよろしくお願い致します!


株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR PSYCHO!

2015年04月08日

岡本太郎現代芸術賞展

代表の岡部です。
…今日は雪!ですか。
桜が散っているこの時期に雪とは珍しいのではないでしょうか?
普通に真冬の寒さです。


実は先週末のネタなのですが…川崎市岡本太郎美術館で今月12日まで開催されている「岡本太郎現代芸術賞展」を見てきました。
ここの美術館は生田緑地と呼ばれる自然豊かな場所にあります。
私は初めて訪れましたがいい所ですね!見どころがいっぱいで1日では見切れないでしょうね。
また機会を改めて訪れようと思いました。

常設展示である岡本太郎氏の作品につきましては写真がないこともあり(撮影禁止です)…氏の作品にはあえて
触れませんが、氏は生粋の芸術家であると改めて感じました。
才能が、芸術が爆発しています!この方の作品は正に唯一無比だと思います。

常設を抜けると今回の企画展会場となります。
こちらは撮影OKでしたのでいくつか気になった作品を撮影してみました。

神宮寺宮型八棟造り(フロント).JPG  神宮寺宮型八棟造 リア.JPG
これが見たかったんです!w
「神宮寺宮型八棟造」
リンカーンハースの実物にお馴染みのw花柄毛布を貼りつけた黄泉の国への寝台車!
…と思ったらスチロールと木で制作したとの記述が。
造形物なんですね〜弊社の業務と似ていますねw
 
キッチュさと霊柩車の持つ荘厳さが同居する実に不気味な作品です。
私、そもそもフルサイズのセダン、ワゴンが大好きなんですがw

神宮寺宮型八棟造 車内.JPG 
車内の作りこみも半端ないです!乗り心地が良いというか暖かそうですw
フロアシフトなんですね(そこは重要じゃない)


時空遊戯.JPG  「時空遊戯」

「私は自分だけが読める文字を創造した…」

…とのことで壁面に不可解な解読不能な図柄(文字)が書き殴られています。
コンセプトがまず面白いです、これはもはや子供の感性ですね。素晴らしい!


管理、維持、鑑賞.JPG 「管理、維持、鑑賞」

これはコンセプチャルですね〜にしてこの魅力的な外観。
下のモニターには清掃員に扮したパフォーマーが丁重に作品をメンテナンスする様子が映し出されています。
管理、維持、鑑賞…作品を鑑賞する際にメンテナンスのことを考えますか?w
私はこの仕事をやるようになってからは「これメンテナンスどうやるんだろ?」などと考えることもたまにありますが…

そんなコンセプトより私はこの作品は外観が好き!というのが大きいですがw

女、彫刻家、音楽、5、幸運と蕩尽.JPG 「女、彫刻家、音楽、5、好運と蕩尽」

今回はi-phoneによる撮影となりますので全体を撮りきれてませんが…こちらでも一種呪術めいた雰囲気は
感じられるかと思います。
何の関連もないものが羅列されているようですが、これが作者自身なのでしょう。
ありふれたレディ・メイドの組み合わせを考える行為、自分と向き合う行為な気がします。
…私は壁面のポップな五芒星が妙に目に入りますw


Land scape−TOMIOKA.JPG 「Land scape-TOMIOKA」
ピントが甘いです、すいません。
写真では全くわかりませんが、表面は石、コンクリート片がびっしりついています。

このパースの効いた構図、この質感…僕はキーファーを思い出しました。
アンセルム・キーファー、大好きでした。
今は亡きセゾン美術館に展示も見に行ったものです。

TOMIOKA、富岡…言わずと知れた被災地の地名です。
この重厚なテーマの作品を19歳の女性が描いています。
素晴らしいと思います。


アウラの逆襲.JPG  アウラの逆襲 2面.JPG 「アウラの逆襲」
こちらも目当ての作品でした。
こんな写真でも迫力は伝わるかと思います。
「見られている」感が押し寄せてきます。
こういうデジタルとアナログの融合的な手法は以前からありましたが、こちらはデジタルを感じさせない作者の「念」が感じられます。

実際には3枚構成なのですがとにかくいい作品でした。


どれいちゃん号.JPG 「どれいちゃん号」

これほど馬鹿馬鹿しい…でも見入ってしまう作品も少ないでしょうw
これ、小学生の時にじゃんけんで負けた子が皆のランドセルを持つアレ…をモチーフにしているようです。
この日は運よく作者によるパフォーマンス(自転車を漕いでる方です)を見ることができました。
ややこしい取り回しのプーリー、ベルト、歯車がせわしく動いてやってる行為がコレ…
乗ったら奴隷ところかヒーローになれます!w


8000000.JPG 8000000.JPG  「/8000000」

作品の中心にいると「包まれている」感覚が沸いてきます。心が洗われるようでした。
人間も生物の中の一種類に過ぎない、という当たり前の、しかし中々意識できないことを気づかせてくれるような…



…こんなところにしておきましょうか。
結論的には大変興味深い展示でした。
 
まず絵画、彫刻、アッサンブラージュ…といった古典的な手法が若い世代にも受け継がれていて、且つ自分達の時代の解釈でなされているのを感じ取れました。


弊社の制作物は商業的に準じたものではありますが、芸術(…アートといった方がしっくり来ますか?)的なセンスは必要で
あると考えています。
また製品によっては作家性を発揮してよい、発揮すべきな製品もあります。
我々も芸術から吸収する必要がありますね。


正直以前ほどは展覧会に足を運んでいない私ですが、これを機に積極的に展示に行ってみようと思った次第です。
というかですね…以前より現代美術って面白くなってません?w


株式会社オズアート

posted by OZ-ART at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント