2016年07月25日

Wonder Festival2016 Summer

代表の岡部です。

昨日は幕張メッセで開催されておりましたイベント「ワンダーフェスティバル2016 夏」に行って参りました!
…てつい最近ワンフェスの記事を投稿した気がしています。
年を重ねると時間が経つのが早く感じる…というのは本当のようですw

入口.JPG 
それはそうと。
なんといい天気でしょう!
この日は暑すぎず過ごしやすい日でした。

Visno1.JPG
こちらのブースは撮影するのが大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
人だかりが3重位になってました。

Visno2.JPG  Visno3.JPG
確かにいい出来なんです。
下手なのは撮影です…いまいちな写真ばかりでした。
単焦点レンズ、未だに使いこなせていません。

160724-140636005_R.JPG 
制作代行業者さんのところにありました。
透け表現が凄いですね〜

スコープドック.JPG ブラッドサッカー.JPG

ベルゼルガ.JPG 
前もこちらの画像をあげたようなw
でもボトムズは大好きなんでしょうがないのです。
ベルゼルガはやはり他と異質なデザインですね。

マシーネンクリーガー搭乗1.JPG マシーネンクリーガー 腕.JPG
搭乗させていただけました!なスチール製マシーネン・クリーガー!
先日マシーネンネタは書いたばかりですねw
制作者である改華堂さんがいらしたので撮影までお願いしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
ありがとうございました!

改華堂さんは独創的なカスタムバイクを制作する愛知県のショップです。
好きが高じて…なんでしょうけど先日のビームスでの展示に続き今回はワンフェスです!

今後が実に実に楽しみです。

鹿ファルケ.JPG 
その名も鹿ファルケ
こちらも改華堂さん制作です。
静謐な美しさがあります…


マシーネンクリーガー引き.JPG マシーネンクリーガー1.JPG

マシーネンクリーガー2.JPG マシーネンクリーガー3.JPG
そろそろやめておきましょうw


がらりと空気を変えてみます。

プレデター1.JPG プレデターオフマスク.JPG
プレデターの一作目は名作だと思います。
未だに普通に観れます!

ビックチャップ.JPG 
エイリアンも同様

エイリアン.JPG  クイーンヘッド.JPG
実物のプロップからの型取りとのこと。
クイーンはやはりデカいですexclamation

エイリアン4.JPG
賛否両論だった4作目からの。
人間とのハーフという設定ですね。監督がジャン・ピエール・ジェネでしたか?
物悲しい眼差しが…個人的にはこういうのはエイリアンに不要かと思います!
エイリアンは徹底的に無慈悲でお願いしたかったです。

女型巨人.JPG
けっこう綺麗な人なのかな?w

MAD MAX Tシャツ.JPG
こちらのブースはイカれてました。
いちいちネタがマニアック過ぎです。
マックスターンって日本で生まれたネーミングらしいです。
向こうではドーナッツというそうです…なんかなぁ…w

ジャギ1.JPG ジャギ.JPG
「俺の名前をいってみろ」と言われそうないい出来です。
これはもはや石膏像のノリです。
ヘルメスあたりのw

シン・ゴジラ1.JPG シン・ゴジラ3.JPG
シン・ゴジラ2.JPG
尾が過剰に長いのがいいですね!
これが販売される時代なのですか…
歴代のゴジラの中で一番凶悪な面構えですか?最高です。

多くは語りませんがシン・ゴジラは期待できると思います!


鹿島.JPG 3Dプリントフィギュア.JPG
3Dプリントによる等身大フィギュアも徐々に出てきたようですね。
しかし…レベル高いですね〜どうしましょう?w



BONA1.JPG BONA2.JPG
bo-na!

弊社がお世話になっておりますご近所さん、ボーナさんのブースを訪れました。
前回は背後の方達が会場を練り歩いておりましたが、今回は販売にも力点を置いていました。
しかし派手ですw 色が多いです!

 
ハードスケジュールだったかと思いますが、お疲れ様でした!



結局全部見れていないですね〜いつもそうです。
必ずどっかで捕まれてしまうのです。

でも今回もやっぱり刺激を受けるものはありました。
弊社スタッフも何人か行ったようなので何か感じてくれたかと思っております。

それにしても制作技術の進歩の速度は凄いですね。
手作業が完全になくなることはないとは思いますが、弊社のような業務でここまでデジタル化、機械化される時代が来るとは、というのが
感想です。

今までもこの話は触れているかと思いますが、アナログとデジタルの融合でやっていく、というのが現実的ではないかと思います。


 
現在弊社は比較的物件が落ち着いた状態です。
皆様お気軽にご相談の方お願いします!



株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年07月18日

大野萌菜美のダンボール作品展

代表の岡部です。

いよいよ夏本番でしょうか。
昨日は蒸しまくってましたね〜

しかし私にはどうしても見たいものがありましたので、一路銀座へ!

大野萌菜美のダンボール作品展

会場は銀座7丁目にあるギャラリーCHEEPA´S GALLERYです。

私は初めて訪れたのですがなにやら個性的な企画をやっているようです。
今後要注目ですね。

…で展示です。
会場に入ると作家の大野さん自ら作品の撮影をしていますw
しかしこの日は風邪をひいているとのことで声が出にくい状態とのこと。
マスク姿で黙々と撮影をなさっていました。
ハードなスケジュールだったと思いますがお大事にしてください。


AT−ST.JPG  サックス&ジェットモグラ.JPG
いきなりAT−STです!
スターウォーズ特有のゴチャゴチャ具合(この表現大好きです)もよく再現されています。


サックス.JPG 
しかしこちらのサックスのディティールは凄いです。
曲線部分などは絞り出しのようですね!

スニーカー類.JPG 工具.JPG
大野さんの手掛けるモチーフは偏りがあるようなないようなw

デロリアン.JPG デロリアン!

R2−D2.JPG R2−D2!


エヴァ.JPG 進撃の巨人 表紙.JPG
話題のさらったこれらの作品も!
進撃の巨人は一巻の表紙を再現!
レリーフ状のものを板状の材料で制作するのは難しそうですね〜

カービン.JPG 最近の先生が構えている写真がアップされてましたねw

ミレニアムファルコン1.JPG ミレニアムファルコン2.JPG
ガラスケースに収まったミレニアムファルコン!
凄い作りこみです!この勢いでスターデストロイヤーもお願いします!w
それにしてもカッコイイデザイン。

さてここからは先生の真骨頂、戦車が続きます。
私は戦車の作品をネット上で見つけたのが最初の出会いでした。
お世話になっているダンボール制作会社のメルマガに掲載されていたのです。
因みにこちらの会社のメルマガは相当面白いですw

ティーガー1.JPG
戦車界きってのイケメン?ティーガーT!
非の打ちどころがないですね。恐竜でいうとティラノザウルスですよ。

エレファント他2台.JPG  
この中だとエレファントが好きですかね。
まぁ実物はさぞ大きいんでしょう。こちらの作品でも重さが伝わってきます。

W号H型.JPG  
やっぱりW号H型は一番好きですかね。
追加しました!って感じの装甲版が独特の形状を作っています。

ケッテンクラート1.JPG ケッテンクラート2.JPG
独特といえばケッテンクラートでしょうか。
Youtubeで走行しているケッテンクラートを見た時は見入ってしまいましたw
実車が確か日本にも1台ありましたよね?いやーよくぞこんなマニアックなものをモデル化してくださいました。

デマーグ.JPG
デマーク…マニアック過ぎるw

チャーチル、シャーマン、リー.JPG 
連合軍も負けていません(いや負けてるかw)
先生は絶対ドイツ軍戦車が好みかと思います。


ヤークトティーガー.JPG 
やはりこちらの方が強そうです…な駆逐戦車ヤクトティーガー。
如何にも装甲厚そう!
側面に装着された各種装備品に萌えますw

そろそろお腹一杯かと思いますw
皆さん気づきましたか?なにしろほとんど売約済みなのですよ!
それは欲しいですよね〜


写真OK.JPG
でも私はこちらを購入させていただきましたw

こちら先生の作品であると共に、社内で用途があるのです。
到着次第飾らせていただきますので、関係者の皆様ご来社お待ちしております!



会場を後にする前に図録を購入し、図録にサインをしていただきました!
体調が本調子でない中誠にありがとうございます!
(サインのマジックが図録に写らないようにそっと紙を挟む先生の気遣いが素敵でした)



ここのところマニアックなネタを連投してしまいましたねw


でも弊社のような業務を行う会社はこういう部分がないと楽しめないし、いいものをできないのではないかと思っております。
先日の横山宏先生もおっしゃっております。

「オタク様に敵う才能はない」 とw

まぁ私はオタクとは言えませんが。
どっぷりハマっている方に憧れています。

アニメ、映画、ミリタリー、バイク…なんでもいいと思います。
突き詰めた先に見えるものがあるんでしょうね。

弊社スタッフも積極的に街へ出て色々なものを吸収し、業務に存分に生かしてください。
よろしくexclamation×2



株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント