2017年01月23日

平成28年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展

代表の岡部です。

雪が降る?なんて最近報じられていましたが何とか降ってませんね。
雪が降らないので(降らない久手いいですが)昨日はバイクで母校に行って参りました。

平成28年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展

卒業してから実は暫く母校には行ってませんでした。
近くに住んでいたのですが…。

でも最近2年ほどは芸術祭などには足を運びます。
理由は色々ありますがそれは後程触れます。

バイク置き場.JPG  
バイク置き場は空いています。
あまり今はバイクに乗らないのですかねあせあせ(飛び散る汗)

最初にお断りしておきますが正直自分のいた彫刻科しか見ておりません。
それも2号館のみ…。
他学科も面白い展示がだいぶあったようなんですが…すいません。

鸚哥.JPG
彫刻科のある2号館(我々のいた頃の2号館とは別物です)のピロティにいきなり見ごたえのある木彫が!
正直今の若い学生は木彫をやっている方なんているのかな?と思っていただけに嬉しかったですね。
これは気合入ってますよ…。

女体のトルソ glitter and be girl.JPG 女体のトルソ.JPG
glitter and be girl 女体のトルソ

こちらの方、芸術祭でも展示されてましたよね?
インパクトがある、しかし繊細なタッチが印象的です。

くらう女.JPG  くらう女 アップ.JPG

大顔の男.JPG くらう女 大顔の男

これまた気合の入った木彫です。特にくらう女は情念が感じられ怖い位の迫力でした。

袋 1.JPG 袋 2.JPG
いつの時代にもミニマルなセンスの方がいます。
空間を切るような、また包むようなエッジの効いた形態がカッコいい。
こういうセンス憧れているんですが、根がゴテゴテなゴシック趣味な私はこの域には達しませんw


人態 1.JPG 人態 2.JPG

人態

6面態 1.JPG 6面態 2.JPG

6面態

上記4点は1人の学生が制作しています。
バランス感覚がいいなぁと思いました。 一見無機質な印象ですが「動」を感じます。


パレラル・レコード.JPG パラレル・レコード1.JPG
コンセプチャル志向なパラレル・レコード
作動しているところが見たかったですねー
無数に印字されているのはTWITTERのツイート!

protect 1.JPGprotect 2.JPGprotect 3.JPG
protect

作者の方は「水」に特に拘りがある方のようでした。
鯉のグラフィックで暗示するものがよりはっきりした感じですね。

kentauros&arachne.JPG arachne 1.JPG

arachne アップ.JPG

kentauros.JPG kentauros 1.JPG

merman 1.JPG  merman.JPG

baby.JPG 

私がここのところ足を運ぶ理由です。
作者の方が3年生の時の芸術祭の展示でこの作品に出会いました。
それ以来虜になってしまい展示の際は足を運んでいます。

一見すると可愛い…しかし畏怖を感じる眼差しがあり、そこに太古の「神」を感じるのです。
最初に出会った頃に拝見したポートフォリオはそれはもうワールド全開でした。
もう自分の世界に一直線なのです!


「学生の作品なんて…」と揶揄する方がいますが私は学生の作品を見るのが好きです。
なんかバンドのファーストアルバムに似た初期衝動が感じられるからです。
(私はファーストアルバム原理主義者ですw)

卒業後今まで通りの制作は続けられないかもしれません、でもこの方は手法は変わっても世界観は変わらない気がしましたね。


光の記憶 走る音 踊る地図 1.JPG 光の記憶 走る音 踊る地図 2.JPG
2号館を徘徊していると何処からともなく爆音のノイズが聞こえてきたので音のした方に向かうと…。


空間演出デザインの院の方のパフォーマンスでした。
写真でこそ乱舞していますがここに至るまではほぼ動きなしです。
段々と「静」から「動」に移行するのです…。

「この人は何をするつもりなんだろう」 「これから何が起こるんだろう」

客の間に広がるザワザワ感もパフォーマンスの魅力だと思います。
この時代でもこんな肉体を駆使したものが見れるとは思いませんでした。
もっとデジタルっぽい作品が多いと勝手に思ってましたので。


牛の首 1.JPG 牛の首 2.JPG
美術館(旧図書館ね)も行きました。
こちらは大学院の展示となります。

Future-man.JPG  Future-man 1.JPG



dress 1.JPG dress 2.JPG #2.JPG

dress

 
釉薬のトロッとした質感が好みだったですね。
白と鮮血のような赤の組み合わせも暗示的です…。



この時点で夕方近くになっておりましたので残念ながら撤収しました。

12号館.JPG
 それにしても12号館も馴染みましたね。
ビカビカだった頃に在学していましたので…。



展示のほんの一部しか見ていないのですが、充分刺激は受けましたね。
正直自分の在学していた頃よりちゃんと「彫刻」してますよ。

なんか…自分の好きな、惹かれる世界に向かって真摯に作品を作っている姿にジーンとくるものがありました。
これは自分が学生の頃には自分の事に精一杯でこういう感情はなかったと思います。


いけませんね、これは完全に保護者の視線ですw
私もフィールドは違えどまだまだ勉強中です。


共に頑張りましょう!w


いよいよ繁忙期突入の弊社です。
引き続きお手伝いしていただける経験者の方を募集致します。
仕事量に対して人員が足りておりません!


よろしくお願い致します!


株式会社オズアート

posted by OZ-ART at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年01月04日

2017年初詣

新年明けましておめでとうございます。

 
代表の岡部です。

毎年恒例となっております初詣ブログとなります。
今年は実家の方で初日の出を拝みました。
(恒例の多摩湖は毎年人の多さに酔いますので止めにしましたw)

初日の出.JPG
実家近くの公園でスケートボード(ただ滑れるだけですあせあせ(飛び散る汗))をやりつつ拝みました。
いまいち初日の出感が希薄な写真で申し訳ございません。

その後こちらも恒例となっております山口観音の方に初詣に行きました。
ここは弊社よりほど近い場所にありまして、現在の場所に移転する前より参拝している場所です。

狭山湖堤防より.JPG
途中の狭山湖半より富士山を見ることができました。
実にいい感じで見えていますね。



山口観音.JPG  山口観音1.JPG

山口観音2.JPG
各社用車に入っていたお守り、神棚にあった破魔矢、護摩札などを納め、新年用のものを購入しました。
心も新たに新年の始まりです。


昨年は実に色々な事がありました。
当然芳しくないこともありました。

しかしお取引先様のお気遣い、スタッフの奮起でその都度持ち直し、結果的には達成感一杯で年を越すことができました。


 
新年の営業は明日からとなります。

幸いにも年を越した仕事が控えております。
それから4月頃まで恒例の繁忙期となります。
社員一同、気持ちを新たにして頑張ります!


皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
本年も何卒よろしくお願い致します。


 
株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記