2017年05月31日

よろしくお願いします

初めまして、4月から制作部の一員としてお世話になっております、片切と申します、よろしくお願いします。

休日は、専ら子供達中心の生活をしておりますが…ネタを探しては記事に出来たらと思います。

そんな訳で、先週末は、中3、長男の体育祭が土曜日、日曜は小6の妹が空手の大会って事で、盛り沢山でした。戦績はどちらも今ひとつでしたが、子供達が頑張っているのを見ると元気を貰えます。
DSC_0416-d3e32.jpg
綾瀬にある東京武道館です。選手もギャラリーも超満員な感じ。
親も頑張らないと、ビデオ撮るのも大変なのでした。

8月には、兄妹揃って空手の全国大会行きが決まっていますので、しっかり稽古して、悔いの無い様臨んで欲しいものです。

そして、先程、お客様に差し入れして頂いた御菓子が、とても美味しかったので記事にさせてもらいます。
DSC_0420-1fe03.jpg
ご馳走様でしたm(_ _)m

株式会社オズアート


posted by OZ-ART at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

SIDEWAY TROPHY

代表の岡部です。

昨日は千葉県の袖ケ浦にあるサーキット、「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」に行って参りました。
旧車の2輪、3輪、4輪のレースが行われていたのです。


SIDEWAY TROPHY

今まで行ったことのないレースですが、友人が出走するということもあり一路袖ケ浦へ!
今回は私はバイクで行ったのですが、初めてバイクで東京湾アクアラインを走りました…海底トンネル内は全て渋滞で
非常に不愉快な走行となりましたが、その分海上に出た際の爽快感は格別でした。

駐車場.JPG

駐車場1.JPG
駐車場でこの風景。
私の愛車、浮いてませんか?w
私の場合車で行った方がまだイベントの趣旨に合っていたかもしれません…。

914.JPG
既に駐車場で掴まれてしまいましたw
914は特にリアビューが好きです。

MOKE1.JPG MOKE.JPG
MINIのMOKEですよ!
なんと個性的なルックスでしょうか。

S123.JPG
強面ではないメルセデス、W123のワゴン版S123もさりげなく止まっておりました。
いい意味で力の抜けた感じがいいです。
きけばこちらにヒッチでバイクを引いてレースに出ている方の愛車だそうです。
欧米のノリですね。

ランドローバー.JPG
これまた古いランドローバーですね〜60年代でしょうか?

ランチャデルタ.JPG
ランチャデルタ インテグラーレでしょうか。
ジウジアーロの会社が手掛けたデザインが秀逸過ぎます。
マルティニレーシングカラーがマッチしています。

モーガン.JPG
ようやく駐車場の呪縛から逃れパドックに行くと…モーガンの3ホイーラーが!
(この後この車がサーキットで走る姿を目にすることに)
紳士の乗り物という雰囲気がプンプンします。
どことなくレシプロの飛行機のようです。

コルティナ.JPG
ロータス・コルティナでしょうか?
これでもフォード製です。イギリスフォードですが。
箱セダンが速いってカッコイイんですよね。
国産もベレットとかスカイラインとかカッコいいですもん。


バイク走行シーン1.JPG バイク走行シーン2.JPG


バイク走行シーン3.JPG
レースは午前中は完熟走行と言われる練習走行なんです…が凄い迫力です。
まず排気音が素晴らしすぎてもう!

遠い写真ですいません。僕の持っているレンズの問題ですw

流し撮り.JPG
流し撮りのつもりです。
この日は初挑戦ですが、いまいち「流れて」ないですね…。

マルティニ ポルシェ.JPG
まぁオーソドックスに撮りましょうかw


グリッドガール.JPG グリッドガール1.JPG
こちらはこのようにグリッドガールの皆さんの衣装も時代考証を意識したものとなっております。
皆さん可愛かったです。
出走前のバグパイプの演奏もまた気分を盛り上げるのに一役買っていました。

クララ全景.JPG クララ ディティール.JPG
友人のサイドカー(ニーラー)です。
なんとも特異なバイクに写るかと思いますが、まぁサイドカーレース用車両ですね。
こちらハンドメイドとなっております!

リタイヤ ニーラー.JPG  160527-100353004_R.JPG
こちらの界隈には怪しいニーラーが集結していますw
どれもハンドメイドですね。
ベース車両、わかりますか?

3位 ニーラー.JPG
一瞬時代がわからなくなる写真ですね。

クララ出走直前.JPG クララ出走直前1.JPG

ニーラー優勝車.JPG  
走行写真は流し撮りを意識し過ぎてほぼ撃沈しました…

とにかく友人の結果は2位!それも惜しい感じで!

160527-120943005_R.JPG
レース後の写真です。
晴れ晴れとした感じですね〜w 熱い戦いでした。


Mk.2出走前.JPG  Mk.2 アルファ ミニ.JPG
4輪も熱いです。
個人的に応援していたジャガーMK.2
漫画GTロマンの世界が目の前にあります。

Mk.2走行.JPG
イイ音したジャガーが全開にしている風景は普通は見れません。
感動しましたね。

F1走行.JPG
Formura Cupではこんなマシンが揃い踏みしていました。
個人的には一番鳥肌物のレースでしたね。
こういうの持っている方、いらっしゃるんですね〜


…ととても紹介しきれないのです。
とにかくどのレースも往年の名車が惜しげもなくアクセル全開にし、コースを駆け抜けていく様は只々カッコいいものがありました。
古いマシンだということも関係しているのでしょうが、なんかロマンを感じました。

今の車、バイクと比較して性能差は歴然です。
音は大きくても実は大してスピードは出ていません。
それでもマシンの限界まで攻めるのを見ると熱いものがこみ上げてくるはず…て当人達は楽しんでいるって雰囲気なんですけどねw


私はレースはやっていませんが、これからも観戦には行こうと思っています。
土曜日はデザインフェスタへ、日曜日はサーキットへ…で少々疲れましたが気分はスッキリです。


今週からいよいよ夏休み前の繁忙期という感じになって来ています。
一同気を引き締めて製品に向き合っていきます!

株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | MOTOR PSYCHO!

2017年05月14日

ガンシューティング

みなさんお久しぶりです。
山岸です。


今回は地元の友人と初めてガンサバにいって来ました。

ガンサバを知らないひともいると思いますので少し説明をいたします。

武器はエアガンを使い銃撃戦を繰り広げるというものです。

池袋のASOBIBAという場所にガンフィールドがあり
約300坪のワンフロアを使用した広大なフィールドはがコンセプトだそうです。

池袋から徒歩6分なのですが場所が見つからず探し回りついたのがマンションのような建物で1階に
ASOBIBAの張り紙があり地下に案内されました。

地下には開始30分前にもかかわらず40人程かあつまっておりみんな装備が整っておりすごい光景でした。

自分たちもエアガンと服をレンタルし装備満タンです!

エアガンが結構重量感があり安全装置やフルオートとセミオートの切り替えなどでき本格的なものでした。

はじめに初心者講習をうけていざ本番にいどみました。

暗い空間に20人程で2チームに分かれていっせいに銃撃戦が始まりました。

壁に隠れながら移動しているとイタ!と感じたときにはどこからか撃たれていました。

初戦はわけがわからないまま終わっていました。

この後は何戦も行い、なんとか相手に何回かヒットさせることができました。

大人になってガンサバをすることがなかったので貴重な経験でした。


池袋以外にもいくつかフィールドがあるのでみなさんも気になったらぜひ行ってみてください。

IMG_1318.JPG



株式会社オズアート


posted by OZ-ART at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月08日

シンショク

代表の岡部です。
またかよ!の声もごもっともです。
はい、連投しています。

もう暫くお付き合いくださいませ。


連休最終日の昨日、久々に向かったのは原宿にあるデザインフェスタギャラリーです。
ギャラリー外観.JPG
最初に来た頃(20代だったと思います)は単菅が素地のままだった記憶があります。
ブラックの方がカッコいいですね〜
当時は僕の友人がよくここで展示をしていましたね。
僕はここではやったことはないのですが。

この日見にきた展示はこちらです。
シンショク.JPG
※DMをスキャンしましたw
このDM、よく見ると3人の作家さんのコラボになっているんですよね。
こういう事が出来るのもデジタルは面白いですね。

この日は去年の「真夏のデザインフェスタ」で出会ったYUBEさんの作品を見に行く、という目的で足を運んでいますが
現在日々カメラを弄っている私にはどの作品もとても興味深く見れました。

…で会社のブログで取り上げさせて欲しい旨を話し、写真を撮らせていただいたまでは良いのですが肝心の写真がいまいちなものばかりでした。
写真に関わる方達を取り上げているのにすいませんあせあせ(飛び散る汗)

それでもお付き合いくださいw

会場風景.JPG
スペース自体はそう大きくないのですが(むしろ小さいですね)、個々の作品の世界観に合っている気がしました。
特にポラロイドカメラを使用した(その使用方法がユニーク!)作品を作成しているHODAさんの作品にはピッタリな感じがしました。

HODA 1.JPG HODA 2.JPG 

HODA 3.JPG  
画像をタイルに転写しているのです。(言うほど簡単な手法ではないですが)
ポラロイドならではのスクエアな形状を生かした展示方法で、より作品が引き立つ感じを受けました。

ポラロイド…ずいぶん昔に触ったことがある気がする…程度なんですが独特の色調、ボケ味がありますよね。


瀬文ユースケ.JPG

あ、今日学校休みだった.JPG     
※購入したポストカードをスキャン

 
「あ、今日学校休みだった」

瀬文さんの作品は実に不思議な世界を描いているのですが、独特のユーモア感覚がツボでした。
中でもこちらの作品はタイトルと絵が自分の頭の中ですんなりつながり、思わず「これが一番好き!」とか話しかけてましたw

正に空想絵本。
しかし基本アナログな私にはこれがどのような工程を経て描かれているのかは想像の外であります。
以前の私は何に関してもアナログの質感に拘っていたように思いますが、最近はデジタルの明快さにむしろ惹かれている部分もあります。
特にCGは長らく苦手でしたよw  

でも考えてみれば私が普段触っているデジタルカメラだって既にカメラの中で加工されたものがディスプレイに出ていますからね〜
これからもいいとこ取りでいけば良いと思っています。


そういう嗜好になってきた頃に出会ったのがYUBEさんなんです。

廃墟化粧品.JPG
※購入したポストカードをスキャン

廃墟化粧品

このセンス、素敵だと思いませんか。
まさに侵食、新色、浸食です。

以前、技法については作家ご本人から教えていただきましたが、実に手の込んだ制作方法なのです。
まずは素材探しから、といったところでしょうか。
中々出来ないことだと思います。

代表作(と勝手に私が思っている)廃墟ブーツを初めて見た時に、しっくり自分の中に受け入れられた感覚は今も忘れません。
その「廃墟ブーツ」の写真はギャラリー内の照明が映り込みまくっていて使える写真ではありませんでした…が。

 
160506-181414008_R.JPG

涼しさの中に熱い、激しいものを感じるYUBEさんの作風は好きですね。



…とこのような展示だったのですが、このブログを見て少しでも気になった方は、会場に足を運んでください!
こんなブログではダメですw

今週土曜日まで開催中です。


会社のブログにも関わらず、連投してしまいましたがここは制作した製品を紹介する場所ではありませんので、そこら辺は自由です。
でも私ばかり投稿しているので別に「社長ブログ」というものを作ろうかなとも最近思っていますw


ブログ3連投、最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました<(_ _)>


 
株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

MARVEL展

代表の岡部です。

本日から通常営業となる方が多いのではないでしょうか。
弊社も本日から全員集合です。

先のブログのラストで触れましたが、今回も連休中にみた展示のご紹介となります。

MARVEL展


X−MEN、AVENGERS、スパイダーマン、アイアンマン…代表作は数知れず、
バットマン、スーパーマンを有するDCコミックスと共にアメコミ2大出版社のマーベル社に関する展示となります。
バットマンは個人的には大好きですが、総合で見ると私はマーベルの方が好きですかね。

私は取引先の方に誘っていただき、総勢4名で森タワーに向かったのでした。
基本イベントは1人で行くので、なんだかとても新鮮でしたw

東京タワー.JPG 
東京タワーが見えました。

そしていざ会場へ!

入口パネル.JPG 入口のパネルです!

パネル.JPG   

展示内容としてはマーベルの歴史(1939年創業!)を時代背景などと絡めながらの紹介、様々なアートワークの紹介、
そして映画で使用された小物、衣装類の展示と大変濃い内容となっております。

尚、各種資料類は写真撮影禁止でしたので、その辺りがご覧になりたい方は森タワーに行き興奮してくださいw

キャプテンくん.JPG  
一緒に見た興奮してた方w 



IRONMAN 1.JPG  IRONMAN 2.JPG IRONMAN 4.JPG

IRONMAN 3.JPG  

″ I am  IRON MAN ″

アイアンマンと聞くと、ついBLACK SABBATHと思いだしてしまいます。
(劇中でも流れてましたよね?)

全長5m程でしょうか、巨大なアイアンマンが迎えてくれます!
なんでも夜間はライトアップされるとか!?
もう一回行こうかな〜写真撮りたいです。


アイアンマン1.JPG   アイアンマン2.JPG
アイアンマン押しです!


このように展示物、撮影小物などを見て回るだけでも楽しめるのですが、壁面の各キャラクターに関する記述などを読んでみると思いの外、皆さん苦悩、葛藤を繰り返しつつ戦っていることがわかります。
それにしてもアベンジャーズのメンバー構成の豪華さには驚きます。
果ては「神」までメンバーだったりするのですw
スケールが大きいです。

観ていない作品もまだまだありますので、これを機会に観たくなりました。
この手のイベントに欠かせないものとしてグッズ販売があります。
今回は要注意です。

かわしたと思いきや、最後にあのHOT TOYSさんが期間限定ショップを出しているのです!
イベント会場における導線とはかくあるべし、です。

その中でマーベルの中で大好きなキャラクターの壮絶な出来のフィギュアがありましたのでご紹介します。

ゴーストライダー(全景).JPG  ゴーストライダー1.JPG

ゴーストライダー2.JPG 
GHOST RIDER!

正義のヒーローとしては微妙な立ち位置の方ですが、そんな事は問題ではありません。
とにかく彼が乗ればどんな乗り物でも、地獄の炎に包まれフルスロットルとなります。
髑髏、革ジャン、鎖、バイク…ハカイダーと共に理想のバイカーであります。


VENOM 1.JPG   VENOM.JPG
VENOM!

私は前日に「スパイダーマン3」を観て気分をアゲてから行っておりますw
だけに余計こちらのヴェノムを見た時はアガりました。

正直主人公のスパイダーマンより、カッコいいと思ってます。

双方、壮絶な出来のフィギュアでしたがいくらくらいなんでしょうかね?


…といった感じの大興奮の展示でした。
もう単なるファン目線で観てましたね。

こちらの展示は6月25日まで開催しております。
コアなアメコミファンは勿論の事、デートなんかにも使えそうですよ。

というのは女性のお客様がとても目立ったんですね。
女性も入りやすいPOPな雰囲気を醸し出せるのがアメコミの強みでもありますよね。

というわけで連休明けの月曜日、何かと気怠い部分もあるかもしれませんが頑張っていきましょう!

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年05月07日

プラレール博〜グランブルーファンタジー展

代表の岡部です。

ゴールデンウィークも本日で終わります。
幸い全日天候も良く、皆様も行楽地などで楽しめたのではないでしょうか。

私はいくつかイベントに顔を出した位で基本的にのんびりしていた感じです。
そんな中観てきたイベントをご紹介させていただきたいと思います。


まずは毎年足を運ばせていただいておりますプラレール博!…のつもりでしたが、結果的には見ないで帰ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

プラレール博入口 1.JPG プラレール博入口 2.JPG
ご覧の通りのありさまです。
これでも1時間以上並んだ位置からの撮影となります。
このままでは2時間以上はかかると判断し、列を離脱してしまいました。

10年近く見せていただいておりますが、観れなかったのは初めてですね。
少々並べば入れたんです、今までは。
何年経っても衰えないプラレールの力を感じます。

タイトルにプラレールとあるのに誠に申し訳ございません。


…せっかく都内まで出たので、何か観て帰ろうと思った時に思い出したのが「グランブルーファンタジー展」でした。
正直元ネタは全く分かっていません…がお世話になっているお取引先の方が好意的な記述を書いてらしたので
興味があったのです。
というわけで一路池袋へ!

会場内 1.JPG  会場内 2.JPG

会場内 3.JPG  会場内 4.JPG

前知識はないアニメ(元々ゲームらしいですね)でしたが、展示自体は隅々まで気が配られたいいものでした。
チープな雰囲気がないのはやはりいいものです。

フィギュア 1.JPG 


フィギュア 2.JPG

フィギュア 3.JPG
先に出したフィギュアの作り込みも凄いものでしたよ。
アニメから抜け出たような雰囲気が出せていますね。

160503-161827005_R.JPG 
小さいものでしたが、こちらも凄い作り込みでした!
目の部分の修正依頼がリアルですね。商品化されるのでしょうか?

DRAGON 1.JPG  DRAGON 2.JPG  DRAGON3.JPG

DRAGON 4.JPG  
ある程度のサイズがあると作り込みがやりやすくなる感じがします。
小さすぎず、大き過ぎず…にしても鬼気を感じる作り込みです。


何だか造形物ばかり写真で上げておりますが、原画などは撮影禁止ですからね〜
展示としてはいいものでしたので、結果的には元ネタがわからなくても楽しめました。

それにしても今回上げた造形物、全て3Dデータからの制作な感じがします。
まぁ出力後の仕上げ作業などは従来の作業と変わらない部分もありますが、それだけ仕上げに時間がかけられるということです。


弊社の手掛ける物件も3Dデータによる制作がここ数年で増えて参りました。
勿論3Dデータでの制作が諸事情により「合わない」場合も多々ありますのでその辺りは臨機応変な対応が求められます。
近日手掛ける物件は粘土原型のものがありますし…。

弊社としては両方やりたい、やってきたいです。


…この日の次の日にもいい展示を見てきたのですが、それはまた後日ブログの方でご紹介させていただきます。
お楽しみに〜

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント