2017年05月07日

プラレール博〜グランブルーファンタジー展

代表の岡部です。

ゴールデンウィークも本日で終わります。
幸い全日天候も良く、皆様も行楽地などで楽しめたのではないでしょうか。

私はいくつかイベントに顔を出した位で基本的にのんびりしていた感じです。
そんな中観てきたイベントをご紹介させていただきたいと思います。


まずは毎年足を運ばせていただいておりますプラレール博!…のつもりでしたが、結果的には見ないで帰ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

プラレール博入口 1.JPG プラレール博入口 2.JPG
ご覧の通りのありさまです。
これでも1時間以上並んだ位置からの撮影となります。
このままでは2時間以上はかかると判断し、列を離脱してしまいました。

10年近く見せていただいておりますが、観れなかったのは初めてですね。
少々並べば入れたんです、今までは。
何年経っても衰えないプラレールの力を感じます。

タイトルにプラレールとあるのに誠に申し訳ございません。


…せっかく都内まで出たので、何か観て帰ろうと思った時に思い出したのが「グランブルーファンタジー展」でした。
正直元ネタは全く分かっていません…がお世話になっているお取引先の方が好意的な記述を書いてらしたので
興味があったのです。
というわけで一路池袋へ!

会場内 1.JPG  会場内 2.JPG

会場内 3.JPG  会場内 4.JPG

前知識はないアニメ(元々ゲームらしいですね)でしたが、展示自体は隅々まで気が配られたいいものでした。
チープな雰囲気がないのはやはりいいものです。

フィギュア 1.JPG 


フィギュア 2.JPG

フィギュア 3.JPG
先に出したフィギュアの作り込みも凄いものでしたよ。
アニメから抜け出たような雰囲気が出せていますね。

160503-161827005_R.JPG 
小さいものでしたが、こちらも凄い作り込みでした!
目の部分の修正依頼がリアルですね。商品化されるのでしょうか?

DRAGON 1.JPG  DRAGON 2.JPG  DRAGON3.JPG

DRAGON 4.JPG  
ある程度のサイズがあると作り込みがやりやすくなる感じがします。
小さすぎず、大き過ぎず…にしても鬼気を感じる作り込みです。


何だか造形物ばかり写真で上げておりますが、原画などは撮影禁止ですからね〜
展示としてはいいものでしたので、結果的には元ネタがわからなくても楽しめました。

それにしても今回上げた造形物、全て3Dデータからの制作な感じがします。
まぁ出力後の仕上げ作業などは従来の作業と変わらない部分もありますが、それだけ仕上げに時間がかけられるということです。


弊社の手掛ける物件も3Dデータによる制作がここ数年で増えて参りました。
勿論3Dデータでの制作が諸事情により「合わない」場合も多々ありますのでその辺りは臨機応変な対応が求められます。
近日手掛ける物件は粘土原型のものがありますし…。

弊社としては両方やりたい、やってきたいです。


…この日の次の日にもいい展示を見てきたのですが、それはまた後日ブログの方でご紹介させていただきます。
お楽しみに〜

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント