2017年06月02日

東京おもちゃショー2017

代表の岡部です。

…しかし暑いですね。
今年は春の陽気を味わう間もなく夏になっている気がしてるんですが、それは私が暑さに弱いからですか?

そんな暑い昨日、東京ビックサイトで開催されている「東京おもちゃショー2017」を見に行って参りました。
(一般公開日は明日からです)

一般公開日でないとはいえなかなかの人出がありました。

会場風景1.JPG  会場風景2.JPG

会場風景3.JPG

どうしても立体、造形物の方が気になりますので偏ったものとなっていますが、会場の様子をお知らせさせていただきます。

アンパンマン バイキンマン ドキンちゃん.JPG  アンパンマン1.JPG

アンパンマン2.JPG  アンパンマン3.JPG
国民的キャラクター、誰もが一度は通るキャラクターであるアンパンマンがそこかしこにおりました。
シンプルながら完成されたデザインは流石やなせ先生です。

 
ウルトラマンジード1.JPG  ウルトラマンジード.JPG
こちらも国民的キャラクターウルトラマン!…でこちらはウルトラマンジードというようです。
私は初代ウルトラマンからウルトラマンレオまで観ていたとう典型的な昭和の人ですw

ウルトラマン3人.JPG
個人的に気になるウルトラマンが…。

ウルトラマンベリアル.JPG
悪い!猫背でこの目つき&鉤状の指。
ウルトラ出身の中で唯一の悪、ウルトラマンベリアルです。
スパイダーマンに登場するヴェノムを彷彿とさせる造形は一発で気にいってしまいました。

この手の造形はスーツを来た人間をスキャンして出力して制作でしょうか?
皺の具合が生々しいもので…。
(急に仕事モード)

 
ドラゴン.JPG
神龍も降臨していました。

ハン・ソロ&チューバッカ.JPG  チューバッカ.JPG
この異様なまでのクオリティはお馴染みのHOT TOYS製となります。
ソロ艦長、年齢を重ねてもカッコいいですね。
チュー・バッカも年齢を重ねているんですよね?w


ストームトルーパー.JPG
スペシャル感たっぷりのクロム仕様のストーム・トルーパー!

この辺りはわかりますよ〜

ジョーカー1.JPG   ジョーカー2.JPG
「スーサイド・スクワッド」ver.のジョーカーもモデル化。
映画自体は…?って感じでしたがハーレィ・クインちゃんが可愛かったので良し!

因みにこのジョーカー、個人的には歴代の中で一番思い入れが湧きませんwが紹介しました。
ただモデル自体はよく出来てます!

キャプテンアメリカ.JPG
ハンサムな雰囲気のキャプテンアメリカ。
王道のヒーロー感があります。

アイアンマン.JPG
アイアンマンは一作目を観た際は、こんなに盛り上がるキャラになるとは思いませんでした。
今では様々なタイプのアイアンマンがいます。

ソニックインターセプター.JPG   ライトニングマックイーン.JPG

ビッグトーマス.JPG

全体的に造形物は少なめな印象でした。

 
1/72ミレニアム・ファルコン号!
開発に携わった方のインタビューが流れていましたが、自信作である!という気迫が感じられるものでした。
確かに再現度が凄まじいですねあせあせ(飛び散る汗)

オプティマスプライム全身正面.JPG  オプティマスプライム部分.JPG オプティマスプライム側面全身.JPG
最後にまた凄まじいブツを紹介します。
トランスフォーマーシリーズに登場するオプティマス・プライムなんですが…精緻なディティールに目を奪われます。
ちなみにこちら販売品なのです。
全長89cmで、お値段は¥212,000となっております!


…とほとんどTOY関連のご紹介となってしまいましたが如何でしたでしょうか?
私自身は基本的にTOYは購入しないのですが、たまに「これは!!」というものは予約してでも購入してしまいますw


弊社の制作物はおもちゃではありませんが、おもちゃの販促イベントに展示されることが多々あります。
メーカーが本気で企画、設計、量産したものですから、弊社の一品物の制作物と比較するものではないかもしれませんが、
負けてはいられないと思いました。

精緻な出来のおもちゃに慣れ親しんでいる方々に見られるわけですから、我々も業界全体を盛り上げるべく精緻なものを制作
していくべきだと思います。



今月は正直申しまして繁忙月です。
制作中の製品、これから制作する製品の材料があちこちにある状態となっております。

一同、気を引き締めて制作致します!

株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック