2017年11月21日

いづるや〜大谷資料館ツーリング

代表の岡部です。
最近めっきり寒くなりましたね〜特に夜の気温の低さは身に堪えます…。

しかしそんな寒い中先週の日曜日に栃木県の方にツーリングに行って参りました。
私が普段お世話になっているショップ様主催のツーリングなのですが肝心のバイクが行く数日前から不調に!
やむなく普段通勤、買い物、打ち合わせなどで使用しているスクーターで参加させていただきました。

比較的最近、取引先の社長より譲っていただいたスクーターですが250ccという小排気量ながらとても良く走りました。

まず向かった先は…。

元祖手打ちそば いづるや
http://www.iduruya.co.jp/

私は存じ上げなかったのですが知る人ぞ知る名店のようで山中とは思えぬ混雑っぷりでした。
メンバーの方が事前に予約してくれていたので事なきを得ましたが、予約なしで行った際は2時間待ったそうです…。

蕎麦.JPG
こちらは私が食しました「海老天ぷら蕎麦」となります。
本音を言えば冷たい蕎麦が食べたかったのですが、あまりに身体が冷えていたので暖かい蕎麦にしました。

噂通りのとても美味しい蕎麦でした!
また来たいものです。
個人的には道中にあったセメント工場の佇まいが渋すぎでしたので撮影にも来たいですw



資料館プレート.JPG
次に向かったのはこちら!
大谷石の切り出し場を利用した資料館であります「大谷資料館」です。
こちらも期待していたんですよね〜

大谷資料館
資料館入口1.JPG 資料館入口2.JPG
入口から独特の形状をした大谷石が出迎えてくれます。
紅葉もいい感じですね〜


紅葉1.JPG  紅葉2.JPG
紅葉は弊社の近所でも見れないことはありませんが、中々立ち止まってじっくり見ないですよね。
それにこちらは気温が低いせいかより鮮やかな色をしていると思いました。


説明プレート.JPG
私自身は大谷石についての造詣は無きに等しいのですが、ずいぶん歴史のあるもののようです。

道具類.JPG 道具類1.JPG
手で掘っていた時代も当然あり、150kgもある石を切り出しては背負って運んでいたとのことです。
しかしこの鋸、怖い造形をしていますよねw


坑内1.JPG
そしていざ坑内へ…。
これが特に楽しみでした。

坑内2.JPG 坑内3.JPG

坑内4.JPG 坑内5.JPG
なんと幻想的な空間なのでしょう!
異世界に迷い込んだ感じです。
大谷石独特の質感も効果的な照明により際立っています。

坑内6.JPG 坑内7.JPG


坑内8.JPG
こちらのプロレタリアートを強く感じさせる方は銀山ボーイズ(staff Naに教えてもらいましたw)ではありません。

坑内9.JPG
雰囲気あります。

この異空間を利用した映画、ドラマの撮影またコンサートなども開かれているようで坑内には撮影風景を報じるパネルが貼られているエリアもありました。
これはいい雰囲気でますよね〜


…こんな感じで撮影しまくっているとやはり同行のメンバーがいなくなっていましたのでw外に出た次第です。
いやーいい空間でした。また一人でも来たいものです。


大谷資料館を出ますと日が暮れはじめ冷気が身体に染みてきました。
帰りの東北道の寒かったこと!
身体が強張っているのが実感できました。

因みにこの日のツーリングはこんな雰囲気です↓
バイク.JPG
怖い人に囲まれている小市民といった風情のwスクーターが私のこの日のマシーンでした。
一人だけ地元の方のようです。
まぁ思ったより回るエンジンで高速道路でも充分流れにはのれるのですが、とにかく寒いのです!


最寄りのインターを降りた時に飲んだ缶コーヒーの美味しかったこと!

ジェンマ.JPG
※最近ブログのバイクネタは片桐のみでしたので新鮮ですかね?



この日は前日とあるパーティーに出席して夜遅かったこともあり、帰宅時の安堵感は格別のものがありました。
勿論疲労はありますがたまにはこういうツーリングもいいですね。
いいリフレッシュになりました。


さて弊社の状況ですが突発的な物件を重ね重ねこなしているのが常套化している感がありますが、まだ業務に余裕はありますので
皆様ご相談の方ぜひよろしくお願い致します!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 名所 旧跡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック