2015年10月26日

龍子・エルド吉水 個展

代表の岡部です。

先週末はここのブログのもはや定番となっているエルド吉水さんの個展に行って参りました。
今回から「エルド吉水」というカテゴリを制作してしまいましたw

思えばもう七回目なんですね。
過去の記述は以下の通りです!

・第一回目

・第二回目

・第三回目

・第四回目


・第六回目

完全にファンですw

以下からは先日出た単行本の方も売り切れ続出で、ノリに乗っているエルド吉水さんの七回目の個展の様子をレポートします。

階段.JPG  会場上から.JPG
今回の会場は目黒にあります雑貨店兼ギャラリーのmaruse B1 galleryです。
1Fの雑貨の方も実にセンスのよいアンティークが販売されておりました。
(試験管立てを購入してしまいましたw)

…実はここ数日デジカメの調子が悪くなり、撮影はなんとかできる、という状態になっています。
言い訳となりますがピンボケ、露出不足などございます。その点をご考慮の上ご覧くださいませw

龍子 額装 1枚.JPG 龍子様、なんとお美しい。額装も素敵です。
龍子 額装 2枚.JPG  せっかくの素敵な作品なのに暗い写真ですいませんあせあせ(飛び散る汗)


龍子1.JPG   …新たな新境地というべき表現です。

龍子2.JPG 
 彫刻家でもある吉水さんらしい、中身の入った生身の身体を感じさせる表現です。
 細部に至るまで美しい。

バレル&パンチョッパー.JPG 刺狙里&タチアナ.JPG 
お馴染みのメンツも総出演です。
僕はタチアナさんが何気に好きですw

ニコライ&ハキム.JPG  
撃てない兵士「ニコライ」の前に立ちはだかるのは…

ハリム! 生きていたか!

第三章で自分の村をソ連軍に焼かれたハリムが闘士となって戻ってきました!
まだまだ存在、目的に謎な部分が多いハリムですが人の痛みを知る者、邪な人間ではなさそうに思えます。
個人的にハリムのことを思うと涙腺が緩みます…

それが何を生むというのだ.JPG  「ゾクッ」としたコマ。 龍子姐さんはいつも強く、そして優しい。

君だ.JPG  う〜ん…考えさせられます。



ビジュアルのクールさ、各ディティールの拘り等に目が行きがちな吉水さんの作品ですが、ストーリーも読ませます。
最初は私もビジュアル先行でしたが、最近は単行本を読んで改めて物語の深さに感動を覚えます。

小説にしても耐えうる、そして映像化しても華のある作品だと思います。
(あ、残念ながら我が国では映像化は難しいと思います!)

 

吉水さんとも少々お話させていただきましたが、これからの活動も目が離せない!と思わせる内容でした。
やっぱりいい作品は埋もれないんですね〜


 

今回は作品を購入したのかって?
しましたよw  公開は後日となりますがとりあえずもう事務所には飾れません!w
(現在5枚飾ってあります)

これを機会にもう少し事務所を使い勝手の良い、そして作品が映えるものに改装していくつもりです。
皆様も弊社にご来社の折は吉水さんの作品をご覧になっていってくださいね。


お仕事の相談、または作品の鑑賞だけでもw株式会社オズアートは歓迎致します!
今後とも何卒よろしくお願い致します。

株式会社オズアート










posted by OZ-ART at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2015年04月18日

『龍子・エルド吉水』漫画立ち読み・彫刻・原画展

代表の岡部です。
ここのところ連投していますねw

昨日は後楽園駅からほど近いギャラリー、A−cornsさんに行って参りました。

A−corns
http://a-corns.jp/gallery/
かなり気になるギャラリーです!

見てきたのは…これ!↓
『龍子・エルド吉水』漫画立ち読み・彫刻・原画展

第一回目より私が追いかけているエルド吉水さんの個展となります。
こちらのブログでもたびたび登場していますね。
全景.JPG  作品群2.JPG
作品群1.JPG  作品群3.JPG 
会場の風景です。
ギャラリー自体もいい空間です。

龍子.JPG 龍子姐さんです。大人しか出せない色気と翳があります…
スカイライン 刺狙里.JPG  刺祖里さんの愛車は箱スカ!顔に似合わず渋すぎるチョイスです。

その古い車はなんだ.JPG  「その旧い車はなんだ?」ごもっともw
いい車だな.JPG  「いい車だな…」 ニコライ氏、気にいってるようですw
ダブルクラッチ.JPG …シートベルトとして…ヒール・アンド・トゥ!

カーチェイス.JPG カーチェイス!中華街でのチェイスは道が狭い分よりスリリングな感じです。

…まぁこれ位で。
続きは会場で見ましょうw

彫塑.JPG 今回は彫塑もあります。あえてフィギュアノリではないのが吉水さんのルーツを感じます。

バレル ボバー.JPG バレル&パンヘッドボバー! バレルさんはアメリカンなノリがピッタリですね!

原画.JPG   今回はタイトル通り原画も展示されています。原画の迫力をぜひ会場で!
                                                         格闘の跡が何ともいいんです。

吉水さん.JPG  
吉水さんに写真をお願い致しました。
ありがとうございます!
もし実写化なんて話が来たら、吉水さんが出演するべきです! フィルム・ノワールの香りがする方です。


抜粋となりますがこのような感じの展示となります。
展示は4/24までです!ぜひ会場に足をお運びください。

日本の漫画は「萌え」だけじゃないんです!
劇画という素晴らしい文化があります。

最近は「龍子」の単行本も発売されたようです。
まんだらけなんかで手に入るようですよ。私も購入しようと思います!

しかし吉水さんはいつも展示ごとに何か仕掛けてきますね〜w そこが通常の手順を踏んだ漫画家と異なる点です。
これからも動向に注目していきたいと思います!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2014年03月04日

『龍子・第五章』 by エルド吉水

代表の岡部です。
寒暖の差が激しい日々が続きますが、皆様体調など崩しておりませんか?

今日は都内で打ち合わせでした。
打ち合わせ前に私に取って欠かすことのできない展示『龍子・第五章』を見てまいりました。
こちらのブログでも第一章からご紹介させていただいていたかと思います。


会場は勿論クオリア・ジャンクションexclamation
http://www.qualiajunction.com/

龍子 第5 外観-s.JPG
いきなりいつもと雰囲気が違います!?

第一章から第四章まで読めるようになっているのです。
貼るの時間かかったでしょうね〜お疲れ様ですあせあせ(飛び散る汗)

龍子 第五章 ガラス面1改-s.jpg
ギャラリー内まで続いています…復習ができましたw

龍子 第五章 3改-s.jpg

龍子 第五章 13改-s.jpg

龍子 第五章 2改-s.jpg
ド迫力!

龍子 第五章 12改-s.jpg

龍子 第五章 9改-s.jpg
父親の仇、ニコライを許すタチアナ…美しいカット この余白がいいですね。
(因みに美しいタチアナをご覧になりたい方は弊社事務所へおいでください)

龍子 第五章 5改-s.jpg
今回は中国系の新キャラが登場。
「ブレードランナー」のプリス的なダークなイメージのアサシンですね。

「吉水さん、これ鋲ジャンですか?」
我ながら間抜けな質問をしたものだと思いつつw、実は元ネタは只の鋲ジャンではない様子。

吉水さんの作品はとにかく突っ込みたくなるディティールがさりげな〜く織り込まれているんです。
そこを作者である吉水さんに話していただくのがまたいい時間なんです。


龍子 第五章 4改-s.jpg
…で今回はこれ、ですw
ぜひ見にいらしてください。


吉水さんと 4改-s.jpg
これまた定番の記念撮影。
吉水さん、今日もキマッておりますグッド(上向き矢印)


吉水さんの作品は映画的です。
観ていると脳内で勝手なサントラが流れてきます。

実写化しても違和感はないかと思います。
吉水さん、『龍子』をイメージしたサントラ作ってくださいよ〜w
以前やられていたバンド、好きな音でした。

…と単なるファンになって参りましたのでこれにてまとめますw
『龍子・第五章』by エルド吉水は6日までです。

興味が沸いた方はぜひ会場に足を運んでみてください。







…さて弊社は今週が最大のピークでしょうか。
なんとか乗り切ります。



有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html
posted by OZ-ART at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2013年06月21日

『龍子』第四章 by エルド吉水

代表の岡部です。

やっと梅雨らしくなってきましたね。
まぁ雨も降らないとexclamation

今回のご紹介する展示はもう終了してしてしまっております…がどうしても紹介したいのです。
この方の展示はいつもここでご紹介してますけどねw

『龍子』 第四章 by エルド吉水
場所はいつものクオリア・ジャンクション
http://www.qualiajunction.com/

会場風景1.JPG

会場風景2.jpg

会場風景3.jpg

会場風景1_R.JPG

今回は第三章で登場した謎のダンサー、タチアナと幼少期の龍子が描かれました。

吉水さん.jpg
そして本展示で待望の単行本が出版されましたるんるん
今回はスピード感溢れる第一章が単行本化されました。
写真は購入した単行本にサインを書いてくださっている吉水さん。
かっこいいっすね!

今回の展示は仕事の合間を見て2回足を運んでしまいましたw

吉水さんと.jpg

オープニングの日に撮っていただきましたw
いつもありがとうございます<(_ _)>

オープニングの日には白塗りアーティストのMinoriさんもいらしていました。
吉水さんの幅広い交友関係が忍ばれます。
実はこの日の朝、MInoriさんの特集をTVで見たんです。
そしたら、その日の夕方ここでお会いしてしまいましたw
みのりさんと.jpg
勿論初対面でしたが、一緒に写真を撮っていただきました。ありがとうございます<(_ _)>

少々お話致しましたが、ほんわかした感じのオーラがある素敵な女性でしたよ。
http://minori.co/
Minoriさんの素敵なHPです。


…で今回はこの作品を購入致しました。
タチアナ.jpg

近日中に弊社事務所に飾られることでしょう。
これで龍子、バレル、刺狙里、タチアナという『龍子』に登場するKOOL GIRLが勢ぞろいしますw
後ろから監視される形ですが仕事がはかどりそうですねw


業務の方はなかなか詰まってきておりますが、そこで籠ってしまってもいい仕事はできないと思います。

今回もまた吉水さんには元気をいただきましたグッド(上向き矢印)

有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html
posted by OZ-ART at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2012年10月24日

『龍子』 第三章 by エルド吉水

代表の岡部です。

本日は気持ちの良い日でしたね。
秋はやはり好きな季節です。


今日は都内で打ち合わせ後、その足で銀座のギャラリー「QUALIA JUNCTION」に向かいました。

QUALIA JUNCTION
http://www.qualiajunction.com/

『龍子』第三章 by エルド吉水 

を見るためです。
私はこの方の作品が大好きで、今のところ全ての展覧会を見ております。

RIMG0351-s.JPG

RIMG0352-s.JPG

この中の作品を購入してしまいました。
近日中に弊社事務所に飾られる予定です。
いやー今回は特に秀作揃いと思いましたね、気合が入ってますグッド(上向き矢印)

RIMG0356-s.JPG
SUZUKIのハスラーでしょうか。
今回は日本が舞台なので国産車が特にしっくりきます。

RIMG0360-s.JPG
肉筆の大作もお目見えしております。
これは飾りたいですね〜絶対部屋が締まります。


RIMG0362-s.JPG
最後は吉水さんと記念撮影してもらいました。
期待通りのポーズでうれしくなっちゃいますw


吉水さんは元々パブリックアートの彫刻家でしたが、その後様々な表現方法に向かい現在は漫画という手法になっています。

でも元々漫画は好きだったとのことで、自分の中だけで好きな世界を自由に展開していけるので楽しくてしょうがないとのこと。
確かに立体は色々しがらみが生じますからね〜特に吉水さんの作品は超大作ばかりでしたからあせあせ(飛び散る汗)


因みにこちらの展示は明日が最終日です。
フィルム・ノワールの香り漂う、刺激的な「マンガの立ち読み展」にぜひ足を運んでみてください。

私が強力にオススメいたしますexclamation
posted by OZ-ART at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2012年04月16日

「龍子」 第二章 by エルド吉水

代表の岡部です。

多忙だったここ数カ月…でももう少しで区切りがつく感じになって参りました。
スタッフにはもうひと頑張りお願いしています。


そんな中先週の土曜日、銀座QUALIA JUNCTIONにて開催されていた「龍子 第二章 by エルド吉水」に行って参りました。

QUALIA JUNCTION HP↓
http://www.qualiajunction.com/


今回私が伺ったのは最終日でしたのでエルドさんのバンドのライブも楽しむことができました。
到着すると今まさにライブが始まろうとしているところあせあせ(飛び散る汗)

龍子 第二章 001-s.jpg

龍子 第二章 019-s.jpg

音は「龍子」のサントラ的意味合い強いもの。基本ROCKかと思いますが、もっとアダルトな感じです。
夜、運転しながら聴きたい感じです。



龍子 第二章 031-s.jpg

龍子 第二章 033-s.jpg
このような雰囲気の中演奏しております。
ライブ間にはDJブースから昭和アクションがかかりっきりでこちらもまたいい感じでした。
(久しぶりに寺尾聡聴きましたw)


龍子 第二章 054-s.jpg
ライブは2部構成、お疲れさまでした!

龍子 第二章 056-s.jpg

最後に吉水さんと少々お話して、帰路につきました。
しかしお客さん多かったですねーギャラリーというよりライブハウスのノリでしたねw

吉水さんの人脈の広さを感じます。


さて今週は納品〜設置〜納品〜設置の繰り返しで目まぐるしい弊社ですが、最後まで気を抜かずに走り抜けたいと思いますexclamation


有限会社オズ・アート
http://www.oz-art.co.jp/index.html
posted by OZ-ART at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2011年12月03日

龍子ーRyuko-

代表の岡部です。
今週は雨が多かったですね〜それに冬の雨は格別に寒かったです。
皆様、風邪などひいておりませんか?

R0010480-s.JPG

以前このブログで紹介しましたエルド吉水さんの作品が先日到着しましたので、事務所に飾ってみました。
事務所の雰囲気が一変しましたw

以前の記事↓

http://oz-art.sblo.jp/article/48876056.html

R0010483-s.JPG
ちょっと殺風景ですかね?
なかなか設置場所が決められず、何か所も仮にあててみました。


改めてみても氏の作品は好みです。
この作品でいえば私の好きなものが全て入っています。


弊社を訪れた際はぜひ見てってくださいねw
posted by OZ-ART at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水

2011年10月17日

「龍子」展 by エルド吉水

代表の岡部です。
昼間は暑い位の日が続きますが皆様如何お過ごしでしょうか?

先週の土曜日、新橋のQUALIA JUNCTIONにて開催中の「龍子展 by エルド吉水」に行って参りました。

エルド吉水さんは数年前偶然、ネット上で知り合い…というか私が一方的にコンタクトを取りw交流が始まりました。

しかしこの日までご本人にお会いしたことがなかったのですexclamation

エルド吉水さんはパブリックアートの世界から音楽…そして現在の表現手段である漫画(!)に至るまで何か一貫したものを感じるアーティストの方です。

height="213" border="0" align="" alt="龍子 RYUKO 002-s.jpg">

今回Facebook上で再会してみますと現在個展をやっていることがわかり、足を運んだわけです。
吉水さん、いらっしゃいますね〜

龍子 RYUKO 003-s.jpg
初対面でしたが、ご覧の通りのリアクション!
感激ですexclamation×2

龍子 RYUKO 004-s.jpg
Z2!

龍子 RYUKO 006-s.jpg
この作品はいずれ会社の事務所に飾られる予定ですw

龍子 RYUKO 007-s.jpg
ハスラーですかね?初期型なのがまたイイですね。

龍子 RYUKO 008-s.jpg

龍子 RYUKO 009-s.jpg
けっこう売れています…


私はバラバラで撮影しておりますが、実際はストーリー仕立てになっており順に読むことができます。
いまどきの漫画ではありません。
無国籍なハードボイルドアクション…フィルム・ノワールの香りがします。

こういう漫画なら私読みたいものです。
1コマ、1コマが「絵」として成立しているのが見事かと。


この作品は続編もあるようですので期待したいところです。


吉水さんは出会いはネット上ではありましたが、実際お会いするとやはりいいものでした!


仕事でもネット上で知り合い、のちに一緒にお仕事をする仲、お仕事をいただく仲になった人もけっこういます。
私はアナログな人間ですからハンドルネームでお話しているとどうもしっくりこないので、実際会いにいっちゃうんですねw


モニターの前には実在の人間がいます。
これからも臆せず色々な方と会っていきたいと思います。


この日は晴れやかな気持ちで帰路についたのでした。
弊社HPを見てくださっている方々、いつかお会いできる日を楽しみにしておりますexclamation
posted by OZ-ART at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エルド吉水