2017年05月08日

シンショク

代表の岡部です。
またかよ!の声もごもっともです。
はい、連投しています。

もう暫くお付き合いくださいませ。


連休最終日の昨日、久々に向かったのは原宿にあるデザインフェスタギャラリーです。
ギャラリー外観.JPG
最初に来た頃(20代だったと思います)は単菅が素地のままだった記憶があります。
ブラックの方がカッコいいですね〜
当時は僕の友人がよくここで展示をしていましたね。
僕はここではやったことはないのですが。

この日見にきた展示はこちらです。
シンショク.JPG
※DMをスキャンしましたw
このDM、よく見ると3人の作家さんのコラボになっているんですよね。
こういう事が出来るのもデジタルは面白いですね。

この日は去年の「真夏のデザインフェスタ」で出会ったYUBEさんの作品を見に行く、という目的で足を運んでいますが
現在日々カメラを弄っている私にはどの作品もとても興味深く見れました。

…で会社のブログで取り上げさせて欲しい旨を話し、写真を撮らせていただいたまでは良いのですが肝心の写真がいまいちなものばかりでした。
写真に関わる方達を取り上げているのにすいませんあせあせ(飛び散る汗)

それでもお付き合いくださいw

会場風景.JPG
スペース自体はそう大きくないのですが(むしろ小さいですね)、個々の作品の世界観に合っている気がしました。
特にポラロイドカメラを使用した(その使用方法がユニーク!)作品を作成しているHODAさんの作品にはピッタリな感じがしました。

HODA 1.JPG HODA 2.JPG 

HODA 3.JPG  
画像をタイルに転写しているのです。(言うほど簡単な手法ではないですが)
ポラロイドならではのスクエアな形状を生かした展示方法で、より作品が引き立つ感じを受けました。

ポラロイド…ずいぶん昔に触ったことがある気がする…程度なんですが独特の色調、ボケ味がありますよね。


瀬文ユースケ.JPG

あ、今日学校休みだった.JPG     
※購入したポストカードをスキャン

 
「あ、今日学校休みだった」

瀬文さんの作品は実に不思議な世界を描いているのですが、独特のユーモア感覚がツボでした。
中でもこちらの作品はタイトルと絵が自分の頭の中ですんなりつながり、思わず「これが一番好き!」とか話しかけてましたw

正に空想絵本。
しかし基本アナログな私にはこれがどのような工程を経て描かれているのかは想像の外であります。
以前の私は何に関してもアナログの質感に拘っていたように思いますが、最近はデジタルの明快さにむしろ惹かれている部分もあります。
特にCGは長らく苦手でしたよw  

でも考えてみれば私が普段触っているデジタルカメラだって既にカメラの中で加工されたものがディスプレイに出ていますからね〜
これからもいいとこ取りでいけば良いと思っています。


そういう嗜好になってきた頃に出会ったのがYUBEさんなんです。

廃墟化粧品.JPG
※購入したポストカードをスキャン

廃墟化粧品

このセンス、素敵だと思いませんか。
まさに侵食、新色、浸食です。

以前、技法については作家ご本人から教えていただきましたが、実に手の込んだ制作方法なのです。
まずは素材探しから、といったところでしょうか。
中々出来ないことだと思います。

代表作(と勝手に私が思っている)廃墟ブーツを初めて見た時に、しっくり自分の中に受け入れられた感覚は今も忘れません。
その「廃墟ブーツ」の写真はギャラリー内の照明が映り込みまくっていて使える写真ではありませんでした…が。

 
160506-181414008_R.JPG

涼しさの中に熱い、激しいものを感じるYUBEさんの作風は好きですね。



…とこのような展示だったのですが、このブログを見て少しでも気になった方は、会場に足を運んでください!
こんなブログではダメですw

今週土曜日まで開催中です。


会社のブログにも関わらず、連投してしまいましたがここは制作した製品を紹介する場所ではありませんので、そこら辺は自由です。
でも私ばかり投稿しているので別に「社長ブログ」というものを作ろうかなとも最近思っていますw


ブログ3連投、最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました<(_ _)>


 
株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

MARVEL展

代表の岡部です。

本日から通常営業となる方が多いのではないでしょうか。
弊社も本日から全員集合です。

先のブログのラストで触れましたが、今回も連休中にみた展示のご紹介となります。

MARVEL展


X−MEN、AVENGERS、スパイダーマン、アイアンマン…代表作は数知れず、
バットマン、スーパーマンを有するDCコミックスと共にアメコミ2大出版社のマーベル社に関する展示となります。
バットマンは個人的には大好きですが、総合で見ると私はマーベルの方が好きですかね。

私は取引先の方に誘っていただき、総勢4名で森タワーに向かったのでした。
基本イベントは1人で行くので、なんだかとても新鮮でしたw

東京タワー.JPG 
東京タワーが見えました。

そしていざ会場へ!

入口パネル.JPG 入口のパネルです!

パネル.JPG   

展示内容としてはマーベルの歴史(1939年創業!)を時代背景などと絡めながらの紹介、様々なアートワークの紹介、
そして映画で使用された小物、衣装類の展示と大変濃い内容となっております。

尚、各種資料類は写真撮影禁止でしたので、その辺りがご覧になりたい方は森タワーに行き興奮してくださいw

キャプテンくん.JPG  
一緒に見た興奮してた方w 



IRONMAN 1.JPG  IRONMAN 2.JPG IRONMAN 4.JPG

IRONMAN 3.JPG  

″ I am  IRON MAN ″

アイアンマンと聞くと、ついBLACK SABBATHと思いだしてしまいます。
(劇中でも流れてましたよね?)

全長5m程でしょうか、巨大なアイアンマンが迎えてくれます!
なんでも夜間はライトアップされるとか!?
もう一回行こうかな〜写真撮りたいです。


アイアンマン1.JPG   アイアンマン2.JPG
アイアンマン押しです!


このように展示物、撮影小物などを見て回るだけでも楽しめるのですが、壁面の各キャラクターに関する記述などを読んでみると思いの外、皆さん苦悩、葛藤を繰り返しつつ戦っていることがわかります。
それにしてもアベンジャーズのメンバー構成の豪華さには驚きます。
果ては「神」までメンバーだったりするのですw
スケールが大きいです。

観ていない作品もまだまだありますので、これを機会に観たくなりました。
この手のイベントに欠かせないものとしてグッズ販売があります。
今回は要注意です。

かわしたと思いきや、最後にあのHOT TOYSさんが期間限定ショップを出しているのです!
イベント会場における導線とはかくあるべし、です。

その中でマーベルの中で大好きなキャラクターの壮絶な出来のフィギュアがありましたのでご紹介します。

ゴーストライダー(全景).JPG  ゴーストライダー1.JPG

ゴーストライダー2.JPG 
GHOST RIDER!

正義のヒーローとしては微妙な立ち位置の方ですが、そんな事は問題ではありません。
とにかく彼が乗ればどんな乗り物でも、地獄の炎に包まれフルスロットルとなります。
髑髏、革ジャン、鎖、バイク…ハカイダーと共に理想のバイカーであります。


VENOM 1.JPG   VENOM.JPG
VENOM!

私は前日に「スパイダーマン3」を観て気分をアゲてから行っておりますw
だけに余計こちらのヴェノムを見た時はアガりました。

正直主人公のスパイダーマンより、カッコいいと思ってます。

双方、壮絶な出来のフィギュアでしたがいくらくらいなんでしょうかね?


…といった感じの大興奮の展示でした。
もう単なるファン目線で観てましたね。

こちらの展示は6月25日まで開催しております。
コアなアメコミファンは勿論の事、デートなんかにも使えそうですよ。

というのは女性のお客様がとても目立ったんですね。
女性も入りやすいPOPな雰囲気を醸し出せるのがアメコミの強みでもありますよね。

というわけで連休明けの月曜日、何かと気怠い部分もあるかもしれませんが頑張っていきましょう!

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年05月07日

プラレール博〜グランブルーファンタジー展

代表の岡部です。

ゴールデンウィークも本日で終わります。
幸い全日天候も良く、皆様も行楽地などで楽しめたのではないでしょうか。

私はいくつかイベントに顔を出した位で基本的にのんびりしていた感じです。
そんな中観てきたイベントをご紹介させていただきたいと思います。


まずは毎年足を運ばせていただいておりますプラレール博!…のつもりでしたが、結果的には見ないで帰ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

プラレール博入口 1.JPG プラレール博入口 2.JPG
ご覧の通りのありさまです。
これでも1時間以上並んだ位置からの撮影となります。
このままでは2時間以上はかかると判断し、列を離脱してしまいました。

10年近く見せていただいておりますが、観れなかったのは初めてですね。
少々並べば入れたんです、今までは。
何年経っても衰えないプラレールの力を感じます。

タイトルにプラレールとあるのに誠に申し訳ございません。


…せっかく都内まで出たので、何か観て帰ろうと思った時に思い出したのが「グランブルーファンタジー展」でした。
正直元ネタは全く分かっていません…がお世話になっているお取引先の方が好意的な記述を書いてらしたので
興味があったのです。
というわけで一路池袋へ!

会場内 1.JPG  会場内 2.JPG

会場内 3.JPG  会場内 4.JPG

前知識はないアニメ(元々ゲームらしいですね)でしたが、展示自体は隅々まで気が配られたいいものでした。
チープな雰囲気がないのはやはりいいものです。

フィギュア 1.JPG 


フィギュア 2.JPG

フィギュア 3.JPG
先に出したフィギュアの作り込みも凄いものでしたよ。
アニメから抜け出たような雰囲気が出せていますね。

160503-161827005_R.JPG 
小さいものでしたが、こちらも凄い作り込みでした!
目の部分の修正依頼がリアルですね。商品化されるのでしょうか?

DRAGON 1.JPG  DRAGON 2.JPG  DRAGON3.JPG

DRAGON 4.JPG  
ある程度のサイズがあると作り込みがやりやすくなる感じがします。
小さすぎず、大き過ぎず…にしても鬼気を感じる作り込みです。


何だか造形物ばかり写真で上げておりますが、原画などは撮影禁止ですからね〜
展示としてはいいものでしたので、結果的には元ネタがわからなくても楽しめました。

それにしても今回上げた造形物、全て3Dデータからの制作な感じがします。
まぁ出力後の仕上げ作業などは従来の作業と変わらない部分もありますが、それだけ仕上げに時間がかけられるということです。


弊社の手掛ける物件も3Dデータによる制作がここ数年で増えて参りました。
勿論3Dデータでの制作が諸事情により「合わない」場合も多々ありますのでその辺りは臨機応変な対応が求められます。
近日手掛ける物件は粘土原型のものがありますし…。

弊社としては両方やりたい、やってきたいです。


…この日の次の日にもいい展示を見てきたのですが、それはまた後日ブログの方でご紹介させていただきます。
お楽しみに〜

株式会社オズアート
http://www.oz-art.co.jp/
posted by OZ-ART at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年03月05日

ワンダーフィスティバル2017冬!!

お久しぶりです、制作の渡辺です(・ω・)ノ
最近は暖かい日が増えてきましたね、朝布団からでるのも楽になってきました。

少し日が空いてしまいましたが、今回はワンダーフィスティバルに遊びに行ってきました!

IMG_4329.JPG



長い長い行列に並び、中に入れば右も左も造形物だらけで否応なしにテンションが上がります!
クオリティももちろんですが好きなキャラクターがあったりするとつい欲しくなっちゃいます。

IMG_4341.JPG IMG_4421.JPG 
IMG_4521.JPG


デザインフェスタでも常連のクリエイターさん達もたくさん出展していました。
あいかわらず凄くレベル高いですね、ついつい見入ってしまいます。

IMG_4490.JPG IMG_4402.JPG
IMG_4444.JPG IMG_4375.JPG


ガルパン効果なのか戦車をたくさん見た気がします。
歴史とかには明るくないですが、フォルムがいいですよね 戦車

IMG_4371.JPG IMG_4425.JPG

そして戦車といえばデザインココさんの巨大戦車!
会社の方としばらくお話させていただいちゃいました。

IMG_4529.JPG IMG_4533.JPG
私は見れませんでしたがコレ、動いちゃうそうですw
3Dプリンタで出力したたくさんのパーツを取り付けて作ってあるそうです・・・すごいなあ


半数以上がバイク乗りのウチの会社では人気でそうな
色んな種類の木を組み合わせでできたリアルなバイクとか

IMG_4480.JPG IMG_4481.JPG

他にもあれとか、これとか

写真 2017-02-19 16 02 55.jpg 写真 2017-02-19 14 54 53.jpg

気になるものや、ときめくものがたくさんありすぎて紹介しきれないほどです。
もう何度もワンフェスにきてますが、毎回新しい発見なんかもたくさんあって全然飽きることはありません。
また次の夏のワンフェスにも遊びに行きたいですね!



社内では色々な造形物の制作が増えてきて忙しくなってきておりますが、
みんなで力を合わせてお仕事がんばるぞー!

posted by OZ-ART at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年02月07日

flowers by naked 2017

代表の岡部です。

雨が…降りませんね!弊社周辺も土ぼこりが凄い状態です。
雨が欲しい今日この頃です…。


そんな中少しでも水分を感じるものを…というわけではありませんが日本橋三井ホールにて開催中の展示を見て参りました。

flowers by naked  2017


〜日本で一番早いお花見を、日本橋で。〜


以前も見た展示となりますが、とても良い展示でしたので今回も…と日本橋に向かいました。

入口1.JPG  入口2.JPG

入口3.JPG  入口 花.JPG

入口付近のこの「本」でまず捕まれてしまうことでしょう。
演出にセンスを感じますね。見事なプロジェクション・マッピングです。
…でこの付近は既にフローラルな香りがしており、なんだかこの世のものとは思えない気分になるのです。


160205-113442003_R.JPG  160205-113505004_R.JPG

よく見るととても細かいパーツで構成されているのがわかります。
大胆且つ繊細な仕事です。
3Dプリンターで出力しているのでしょうか?

たんぽぽ.JPG 
綿毛が宙に舞っていく演出も相変わらず素敵でした。
(以前はこれ、触ったら舞っていきましたよね?今回は触らずとも舞っている状態でした)


植物.JPG
こういう空間ですから緑も違和感なく溶け込みます。


桜 1.JPG  桜 引き.JPG
ある意味今回のメインでしょうか。
何とも妖艶な、幻想的なお花見です。

あまり桜そのものは使用していないのです。
桜を感じさせるもので構成されています。

桜 アップ1.JPG  桜 アップ2.JPG
近寄ってみるとこのようなものの集合体であることがわかります。
(搬入大変そう(-_-;))

ドレス.JPG 
ファッション・デザイナー 丸山啓太氏とのコラボで実現したドレスです。
これも妖艶です。

サイエンス2.JPG サイエンス1.JPG
出口付近にあるサイエンスな空間がまた美しいのです。
ガラス容器の無機質な表面に有機的な植物が映り込み、透けて見えるさまは夢の世界のようです…


こちらの展示、3月20日まで開催されていますので、ぜひ足を運ばれることをオススメします!
普段こういう世界観に触れていないかもしれない男性もぜひぜひw
癒されますよ。


う〜ん…ディスプレイ制作の物件が多い弊社としましてはこういう企画にも関わってみたいですねー
それには日々精進ですね。

制作技術もさることながら、「センス」が何より試されると思います。


関係者の皆様、よろしくお願い致しますw


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2017年01月23日

平成28年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展

代表の岡部です。

雪が降る?なんて最近報じられていましたが何とか降ってませんね。
雪が降らないので(降らない久手いいですが)昨日はバイクで母校に行って参りました。

平成28年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展

卒業してから実は暫く母校には行ってませんでした。
近くに住んでいたのですが…。

でも最近2年ほどは芸術祭などには足を運びます。
理由は色々ありますがそれは後程触れます。

バイク置き場.JPG  
バイク置き場は空いています。
あまり今はバイクに乗らないのですかねあせあせ(飛び散る汗)

最初にお断りしておきますが正直自分のいた彫刻科しか見ておりません。
それも2号館のみ…。
他学科も面白い展示がだいぶあったようなんですが…すいません。

鸚哥.JPG
彫刻科のある2号館(我々のいた頃の2号館とは別物です)のピロティにいきなり見ごたえのある木彫が!
正直今の若い学生は木彫をやっている方なんているのかな?と思っていただけに嬉しかったですね。
これは気合入ってますよ…。

女体のトルソ glitter and be girl.JPG 女体のトルソ.JPG
glitter and be girl 女体のトルソ

こちらの方、芸術祭でも展示されてましたよね?
インパクトがある、しかし繊細なタッチが印象的です。

くらう女.JPG  くらう女 アップ.JPG

大顔の男.JPG くらう女 大顔の男

これまた気合の入った木彫です。特にくらう女は情念が感じられ怖い位の迫力でした。

袋 1.JPG 袋 2.JPG
いつの時代にもミニマルなセンスの方がいます。
空間を切るような、また包むようなエッジの効いた形態がカッコいい。
こういうセンス憧れているんですが、根がゴテゴテなゴシック趣味な私はこの域には達しませんw


人態 1.JPG 人態 2.JPG

人態

6面態 1.JPG 6面態 2.JPG

6面態

上記4点は1人の学生が制作しています。
バランス感覚がいいなぁと思いました。 一見無機質な印象ですが「動」を感じます。


パレラル・レコード.JPG パラレル・レコード1.JPG
コンセプチャル志向なパラレル・レコード
作動しているところが見たかったですねー
無数に印字されているのはTWITTERのツイート!

protect 1.JPGprotect 2.JPGprotect 3.JPG
protect

作者の方は「水」に特に拘りがある方のようでした。
鯉のグラフィックで暗示するものがよりはっきりした感じですね。

kentauros&arachne.JPG arachne 1.JPG

arachne アップ.JPG

kentauros.JPG kentauros 1.JPG

merman 1.JPG  merman.JPG

baby.JPG 

私がここのところ足を運ぶ理由です。
作者の方が3年生の時の芸術祭の展示でこの作品に出会いました。
それ以来虜になってしまい展示の際は足を運んでいます。

一見すると可愛い…しかし畏怖を感じる眼差しがあり、そこに太古の「神」を感じるのです。
最初に出会った頃に拝見したポートフォリオはそれはもうワールド全開でした。
もう自分の世界に一直線なのです!


「学生の作品なんて…」と揶揄する方がいますが私は学生の作品を見るのが好きです。
なんかバンドのファーストアルバムに似た初期衝動が感じられるからです。
(私はファーストアルバム原理主義者ですw)

卒業後今まで通りの制作は続けられないかもしれません、でもこの方は手法は変わっても世界観は変わらない気がしましたね。


光の記憶 走る音 踊る地図 1.JPG 光の記憶 走る音 踊る地図 2.JPG
2号館を徘徊していると何処からともなく爆音のノイズが聞こえてきたので音のした方に向かうと…。


空間演出デザインの院の方のパフォーマンスでした。
写真でこそ乱舞していますがここに至るまではほぼ動きなしです。
段々と「静」から「動」に移行するのです…。

「この人は何をするつもりなんだろう」 「これから何が起こるんだろう」

客の間に広がるザワザワ感もパフォーマンスの魅力だと思います。
この時代でもこんな肉体を駆使したものが見れるとは思いませんでした。
もっとデジタルっぽい作品が多いと勝手に思ってましたので。


牛の首 1.JPG 牛の首 2.JPG
美術館(旧図書館ね)も行きました。
こちらは大学院の展示となります。

Future-man.JPG  Future-man 1.JPG



dress 1.JPG dress 2.JPG #2.JPG

dress

 
釉薬のトロッとした質感が好みだったですね。
白と鮮血のような赤の組み合わせも暗示的です…。



この時点で夕方近くになっておりましたので残念ながら撤収しました。

12号館.JPG
 それにしても12号館も馴染みましたね。
ビカビカだった頃に在学していましたので…。



展示のほんの一部しか見ていないのですが、充分刺激は受けましたね。
正直自分の在学していた頃よりちゃんと「彫刻」してますよ。

なんか…自分の好きな、惹かれる世界に向かって真摯に作品を作っている姿にジーンとくるものがありました。
これは自分が学生の頃には自分の事に精一杯でこういう感情はなかったと思います。


いけませんね、これは完全に保護者の視線ですw
私もフィールドは違えどまだまだ勉強中です。


共に頑張りましょう!w


いよいよ繁忙期突入の弊社です。
引き続きお手伝いしていただける経験者の方を募集致します。
仕事量に対して人員が足りておりません!


よろしくお願い致します!


株式会社オズアート

posted by OZ-ART at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年12月26日

有松記念

代表の岡部です。

皆さん、先週末のクリスマスは如何でしたか?

12月25日はクリスマス? 何それ有馬記念でしょ!!!!!!

私はそんなイベントを見ていましたw
競馬はやらないんですが、都内6ヶ所にジョッキー松の立像が展示されているようでしたのでクリスマスイブに行って参りました。

ジョッキー松…元ネタはおそ松さん…いや「走れ!おう松さん」でしょうか。
よくわかっていないままTWITERからの情報を頼りに都内へ向かいます。


ポスター.JPG
まずは池袋にあるというおそ松を…と勇んで午前中から向かうと…影も形もありません。
ここであろう場所に告知ポスターがあるのみでした。
よくよく調べると12時から展示開始ということがわかりましたあせあせ(飛び散る汗)

おそ松さんをあとに回し、一番遠方である横浜へ向かいます。

横浜港.JPG 赤レンガ倉庫.JPG
一松が展示されているという横浜赤レンガ倉庫です。
クリスマスイブだったためサンタコスの一団が遠方に見えますねw

横浜港船舶1.JPG 横浜港船舶2.JPG
港なので船舶も停泊しています。
自分としては久しぶりに海を見ました。

一松&エスパーにゃんこ.JPG   エスパーにゃんこ.JPG
いました!一松&エスパーにゃんこです。

一松 顔アップ.JPG 
一松、虚ろですねーw

一松を確認した後は都内に戻ります。
あとは山手線沿線なので気が楽です。
今回はスタンプラリー形式となるのですが、この形式はどうもハマりますねw

トド松全身.JPG  トド松 顔アップ.JPG
トド松は品川駅構内に展示されておりました。
トド松らしいキャラクター性を感じさせる造形ですね。

…でこのまま新橋へ移動。
勿論スタンプを押すのは忘れていませんw

十四松全身.JPG  十四松顔アップ.JPG
十四松、凄いインパクトです!
焦点のあっていない目がある種不気味ですw

十四松 パネル.JPG
各キャラクターはこんな感じでパネルと一緒に展示されており、前に立って写真を撮ることができるのです。


カラ松全身 正面.JPG  カラ松 全身 斜め.JPG
恵比寿に移動し、カラ松と対面!
カラ松のみオープンエア的な場所にありました。(一応駅内ですが)


カラ松 顔アップ.JPG  カッコつけキャラらしいニヒルな表情がいいですね。


チョロ松全身.JPG  チョロ松顔アップ.JPG
秋葉原にいたチョロ松。
こちらは一番人の往来が激しかったかもしれません。

そして土地柄でしょうか?写真を撮っている人も一番多かったように思います。

チョロ松 周辺.JPG
常に人が写り込む状況でしたね。


おそ松全身.JPG  おそ松 顔アップ.JPG
最後におそ松の待つ池袋へ。
午前中に行った際は影も形もなかった場所におそ松が鎮座しておりました。
おそ松兄さん、さすがに一番「普通」ですw

今回の展示、展示期間、展示時間共に短いんですよね…十四松なんかは24日までの展示だったようですし。


…まぁそれはそうと一応おそ松さんキャラクターは1日で制覇しました。
チビ太も赤坂にいたようですが、路線が異なることもあり時間切れ〜


正直私はおそ松さんについては全く詳しくありません。
名前も最近覚えた位です…がこうやってきっかけがあると見てみようかなと思うんですよね。


それにしてもおそ松さんのファン層は女性が占めている割合が高いのですね。
先日の新テニの王子様キャラクターに続いてまたしても女性の中に入っていっての撮影となりましたw
それでも楽しめましたけどね♪




いよいよ年末が近づいて参りました。
弊社は年を跨ぐ仕事がありますので気は抜けない状態が続きますが、ピークは超えたかと思います。
今年もあとわずかとなりましたが、最後まで気を抜かずスムーズに来年の仕事につなげるよう一同気を引き締めて参ります!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年12月19日

ジャンプフェスタ′17

代表の岡部です。
寒さが本格的になって参りましたが皆様お元気ですか?

そんな中一昨日、昨日と幕張メッセで開催されておりました「ジャンプフェスタ′17」に足を運んで参りました。
今回はどうしても見たいものがございましたので両日ともに出向いてしまいましたw

悟空バルーン.JPG  リョーマくんバルーン.JPG


暗殺教室バルーン.JPG  銀さんバルーン.JPG
会場内に入ってまず目を引くのがキャラクターの巨大バルーンです。
こちら以外にも沢山ありました。

造形屋としてはこれは敵わないですねw
この巨大さを造形で制作しようと考えると…色々な意味で実現は難しそうです。
いきなり弱気ですが。

でもバルーンがあると一気にイベント感でますねグッド(上向き矢印)

会場風景1.JPG  会場風景3.JPG
こちらは土曜日の写真となりますが、なかなかの盛況っぷりです。
ん?なんだか凄いものが写っておりますね?

神龍.JPG  神龍1.JPG

神龍3.JPG  
神龍が降臨しております!
いい造形ですね!バルーンとは思えないシャープさです。

イネムリドラゴン.JPG かと思えばこんな癒し系の竜もw


メガトン級ムサシ.JPG
こちらもド迫力でした!こちらもバルーンです!


遊戯王.JPG  モンハン.JPG


ジョジョ.JPG  
造形は少な目でしたかね。
こちらのジョジョは最近よく見かけますね!とにかく作り込みが凄いです。


東京喰種ブース.JPG
東京喰種!
実写化なんですか? 私、途中まで単行本持ってましたw
こういう「デビルマン」、「寄生獣」的なストーリーに弱いのです。


東京喰種マスク.JPG
カネキくん(でしたっけ?)のマスクも展示されておりました。
ホラーテイストながらフェテッシュな要素も組み込まれた好デザインです。


悟空 ルフィ NARUTO.JPG
…コレはなんですかw 詳細知っている方情報お願いします。


先ほど造形が少なかったと言いましたがこちらがありました!↓

越前リョーマ&跡部景吾1.JPG
新テニスの王子様の越前リョーマ、跡部景吾です!
こちらは土曜日はスーパーステージでのお披露目となり撮影はできませんでした…が会場のファンの熱すぎる
ノリに釣られて熱くなった部分もありましたねw
もうライブなんですよ!皆さんペンライト振って。

越前リョーマ&跡部景吾2.JPG 跡部景吾2.JPG
跡部様、中学生とは思えない不敵な表情です…。

越前リョーマ1.JPG  越前リョーマ2.JPG
跡部様より小柄ながらリョーマくんも眼力では負けてません。

越前リョーマ3.JPG
まぁこちらが撮影したくて2日間とも足を運んだわけです。
幕張は弊社からは遠いですね〜でも行った甲斐はありました!
しかしこちらのアニメは女性に大人気なんですね。
撮影していると周りは皆女性でしたのでちょっと不審だったかもしれません…。


待コロマッチ コスプレ1.JPG  待コロマッチコスプレ2.JPG
アニメのイベントですからこんな方もいらっしゃいましたよ。
「街コロマッチ!」という作品の紹介ブースにいらっしゃった方です。
せっかく撮影させていただきましたが…スイマセン、逆光でしたあせあせ(飛び散る汗)



…とだいぶ偏りはありますがジャンプフェスタ′17の模様でした。
正直私はあまり漫画は読まないのですが、とはいえ知っているキャラクターも多く楽しめましたね。

弊社の業務は多岐に渡りますがやはりキャラクター造形は力を入れていきたい部門となっております…というわけで
こういうイベントには積極的に出向くことにしております。
イベントに行けばその時のトレンドが一目瞭然ですからね。


さて…年末も近づいている本日ですが弊社としましては業務が佳境となっております。
毎年同じことをこの時期には言っている気がしますが、最後まで気を抜かずにいい製品を世に出していきます!

スタッフの皆さん、引き続きよろしくお願いしますよ♪


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年12月01日

DESIGN FESTA vol.44

代表の岡部です。

弊社制作スタッフ永松の方が既に投稿しておりますが、私の視点からのデザインフェスタVol.44を
ここで取り上げさせていただきます。

去年に引き続き2回目となる出展となりましたが、今回はテーマ、展示物をガラリと変えまして造形物主体の出品となりました。
(テーマに関しては中心になって本件をまとめました永松の記事を読んでいただきたく思います。)
今回は永松を始めとする若手と呼ばれる3名の制作技術の向上、材料の知識、完成に持っていくまでの
スケジューリングなどを学んでもらいたいという意図が私としてはありました。

よって発案から完成まで若手が中心となって進め、他ベテラン社員がサポートしていくという体制で臨んだ今回、
さてどんなものが出来たでしょうか?
尚、当日は私自身は弊社ブースと会場内を行き来している状態でしたので、他ブースの写真もございます。

岡部1日目.JPG  
今回の弊社ブースの目玉!? オビタルハンマーです!
こちらを持って撮影ができます!という文句でお客様を呼び込んでおりました。

渡辺.JPG 
いや、実際呼び込んでいたのは若手3人(永松、渡辺、山岸)ですw
襲いかかろうとしているのではなく目を合わせようとしていたようです…

チビドロシー.JPG  ステッカー.JPG
社内コードネーム゛チビドロシーと弊社初の販売用ステッカーが並びます!
お?チビドロシー売れたようですね!
お買い上げいただいた方、ありがとうございました♪


ドロシー1.JPGドロシー2.JPGドロシー3.JPG
弊社オリジナルキャラクター゛ドロシーです。
オズアートのオズは「オズの魔法使い」のオズではないのですが…結果ALL RIGHTです。
こちらは原案〜3Dデータ作成〜3Dプリンターによる出力〜修正、組立〜彩色の工程を全て自社内で行いました。

若手とベテランの技術の融合が生んだ作品となります。
因みに今は弊社社長室に鎮座しておりますので、ご覧になりたい方はご来社くださいませ黒ハート

ドロシーデザインフェスタ帰り.JPG


161126-175600004_R.JPG 
3人が精力的に呼び込みさせていただいた結果、色々な方が弊社ブースにて写真を撮ってくださいました。
この方キマッてますね!

カメレオールさん.JPG
去年に引き続きカメレールさんもいらしてくれました!
ありがとうございます!
あ、こちらの銃(実際はインパクトレンチ)も弊社が加工、改造したものとなります!


骸696.JPG 
ド迫力の骸696さん!声色まで悪役で感動しました!


ガスマスク2.JPG  フル装備です!隙のない完成度で異形感が凄い!

ガスマスク1.JPG 
愛銃を持たせていただき一緒に撮影させていただきました。
似合い過ぎですね!
こちらのオビタルハンマー、こちらも3Dプリンターによる出力物を加工して制作しております。
皆さん最初はギョッとしていましたが老若男女、怪人系、スチームパンク系…色々な方が撮影していかれました。

こちらも前述の社長室に護身用としてw置いてありますのでご来社された際は撮影の方をどうぞ!

他にも魅力的な方々が撮影して参りましたが、詳細は弊社TWITTERアカウントをご覧くださいませ。
「造形工房オズアート」の名前で出るかと思います。


PANDA ROCKS.JPG 
◆PANDA☆ROCKS

※Creema内となります

因みにお隣のブースはPANDA☆ROCKSさんでした!
タイミングを見計らってハンマー持参でチャンピオンにさせていただきました!
しかし弊社とPANDA☆ROCKSさんが並んでいたって濃すぎですよねw


以下は会場内で気になったもののいくつかをアップしていきます。


◆ CHIKA TOYS

ツギハギ.JPG鉄狼.JPG
コロボ.JPGスクエアヘッド.JPG
カピ次郎.JPG どことなくMAD MAXの香りが漂うカピ次郎です。

先のワンフェスで出会ったCHIKA TOYSさん!
独特の世界観と魅力的なキャラクター、そしてエージングの繊細さで圧倒されました。
少々お話させていただき、私は作品集を購入〜

CHIKA TOYS作品帳.JPG  いいカバーですね。



実田くらさん 2.JPG 
パッと目に飛び込んできた作品でした。
こちらは購入させていただきました実田くらさんの作品のポストカードとなります。

実際は原画、ポスター、クリヤファイル、ポストカード等多岐に渡る品揃えの実に見ごたえのあるブースでした。
少々お話致しましたが今回のデザフェス出展のために遠征していきたとのことです。

描き込みの密度とは裏腹な静謐な空気感が何とも好みでした。

実田くらさん 1.JPG 
ポストカードが入っていた封筒にもセンスを感じます。
今後も見て行きたい作家さんでした。


◆lulu hashimoto official web site

橋本ルルちゃん.JPG

完全に個人の趣味ですw
1日目に夜に存在を知り、2日目に入り待ち?出待ち?して物凄い人だかりの中なんとか撮影させていただきました。
史上初の着ぐるみファッションモデル、橋本ルルちゃんです。

球体関節人形に命が宿ったかのようなこのルックス、虜になっちゃいましたw
またしぐさが可愛いのです…しかしこのコンセプト、狭間ですよね。
ユルキャラでもコスプレでもない存在です。

これからも追っていきたいですが女性ばかりなんですよね、ファンの方がw
あまり追うと不審者扱いとなるかと思いますので遠くから見るようにします…。

◆カミロイド

カミロイドブース.JPG
前回の夏のデザフェスで出会って以来、気になっているカミロイドです!
今回は新作を引っ提げて登場です。

ブース内でも制作し続けているスタイルは不変で一見声をかけづらい?のですが
話しかけさせていただくと実に感じの良い方ですよ。

カミロイド購入.JPG
というわけで終了間際に駆け込んで新作を購入!
今回はスケボーを背負ってまして、且つこのように乗ることもできるのです!
(撮影は社内で行っております)


…とまぁ今回はブースの方に常駐しなくても良い立場でしたので前回よりは色々な作品を見ることができました。
クリエイターって沢山いらっしゃいますね〜そして超絶技巧の方も沢山いらっしゃいました。

造形、ものづくりを生業としている弊社としても、学ぶものも多かったです。
やはり最後は思い入れの強さ、作品に対する愛が完成度を高めていると感じました。

弊社の若手社員も今回の出展で準備から当日まで色々な事を学べたかと思います。
学んだことを糧に業務の方でも精一杯発揮していって欲しいなと思います。

 

このたびは弊社ブースの方に多数ご来店いただきまして誠にありがとうございました。
慣れない接客で不手際もあったかと思いますが、今後とも弊社の動向に目を向けていただけましたら幸いです。


さてデザインフェスタ終了後も弊社はフル稼働となります。
これから来春に向けて繁忙期となります。

引き続きよろしくお願い致します。exclamation

株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年09月23日

山下しゅんや×KOTOBUKIYA展

代表の岡部です。

やっと雨やみましたか?
ここのところずっと雨ですよね!
バイクに乗れなくて困ってますw

そんな雨模様の中秋葉原にありますコトブキヤ 秋葉原館で開催されているイベント
「山下しゅんや×KOTOBUKIYA展」に行って参りました。

※今月25日迄ですよ!

私はフィギュアを買い集める趣味はないのですが、山下しゅんやさん画、コトブキヤさん制作…の物は購入してしまう時があります。
山下しゅんやさんの絵はお名前を知らない時に、絵を見た瞬間に興味が沸きましたね。
10年程前に無意識に購入したフィギュアが今思えば、山下しゅんやさんの描いたイラストを元に立体化した「アンジェラ」なんですよねw

会場風景2.JPG  会場風景3.JPG
会場風景4.JPG  会場風景1.JPG
お馴染みのあのタッチが会場を埋めております!
美少女ばかりですがあくまでキュートで健康的な色気、そして付随する衣装、武器などの書き込みが緻密なんですよね。
物凄い画力の方だと思います。
  
フィギュア1.JPGフィギュア2.JPG  
フィギュア3.JPG  フィギュア群.JPG

サイロック.JPG かっこいいポーズのサイロック!

シザーハンズ&スナイパーウルフ イラスト.JPG  
中でも個人的にお気に入りなのが彼女達。
山下しゅんやさんの作品の中では異色な部類でしょうか?
HORROR美少女シリーズのシザーハンズ、スナイパーウルフです。


スナイパーウルフ イラスト アップ.JPG KOOL!

シザーハンズ イラスト アップ.JPG CUTE!

異色な彼女達ですが、それでもらしさは存分に出ていますね。
スナイパーウルフ1.JPG  スナイパーウルフ2.JPG
立体化するとこんな色っぽい感じにw メタルギアソリッド、ゲームやってました!もう10年以上前でしょうか?

スナイパーウルフ3.JPG 因みにこちらは購入させていただきましたw

シザーハンズ1.JPG シザーハンズ2.JPG
シザーハンズ.JPG

何だか怖い写真になってしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)実際はふっくらとした顔つきで可愛いですよ。
HORROR美少女シリーズは歴代購入していまして、どれも素敵でしたが今回のシザーハンズは一番好みですね。

次は…「チャイルドプレイ」の呪いのグッドガイ人形、チャッキーですよ。

そんなわけでスナイパーウルフの入ったデッカい箱を持ちつつ、会社に戻ったのが今日の出来事です。


私は日頃立体を制作する仕事を生業にしておりますが、いつもフィギュアの世界の表現力の幅広さ、進歩の速さには驚きを
隠せません。
弊社は今回お見せしたような小さなサイズのフィギュアの制作は行っておりませんが、だいたいこちらの方が世の中に出るのは早いものです。
故に等身大になったからといって大味な感じで制作してしまうと、先に出たフィギュアと比較となりファンの方をガッカリさせることとなります。


弊社としてはいつまでも慢心せず、日々研鑽を積みお客様を満足させるものを制作していきたいです。

うーん…それにはやっぱり我々もそのキャラクターを好きでなければならない部分があるでしょうかね。
やっぱり思い入れの強さが製品のクオリティアップに繋がる部分てあると思います。

その点弊社の社員は大丈夫な人が多いようなw

皆様、ご相談の方よろしくお願い致します!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年08月28日

真夏のDESIGN FESTA+ GAKUTEN2016


代表の岡部です。
最近は台風の影響で天候が大荒れですね。
皆様大丈夫でしたでしょうか?

そんなまだ不安定な天候の中イベントに行って参りました。

真夏のDESIGN FESTA + GAKUTEN 2016

デザインフェスタといえば5月と11月というイメージがありますが、今年からですかね?
夏にも開催となりました。
しかしながら告知が遅かったのか、足りないのか出展者数は少なかったように思います。
それでも!クリエイターの方々個々には熱が入っておりました。

以下は私が気になった展示の様子です。

撮影させていただいた各ブースの方にお詫びです。
どうもここ最近単焦点レンズの調子が悪く写りに極端にバラつきが出るようになってしまっておりました。
トビ過ぎたり暗すぎたりが極端です。
なんとかだましだまし撮りましたが作品の生の姿を撮れているとは言い難いものになってしまいましたが、
お付き合いの程よろしくお願い致します。

入口.JPG 曇天を絵に描いたような天候でした。

入口1.JPG

真っ先に向かったのはRUSTYDARE+TOMOKEPIさんのブースです。
数年前のデザインフェスタにお知り合いになりました。
レザークラフトのRUSTYDAREさんとイラストのTOMOKEPIさんのコラボブースです。

RUSTYDARE
http://www.rustydare.com/#top


RUSTYDARE1.JPG RUSTYDARE2.JPG

RUSTYDARE3.JPG  基本的にはラギッドな雰囲気の商品ラインナップですが、上品な雰囲気です。

RUSTYDARE サイン.JPG  TOMOKEPI サイン.JPG
どちらのロゴも素敵なセンスです。
TOMOKEPIさんの描かれるイラストはひとめでわかる個性的なものですが、アクが強いわけではなくむしろ普通に可愛いセンスです。


TOMOKEPIさん1.JPG  TOMOKEPIさん2.JPG
TOMOKEPIさんのタッチはスタンプとかにも良さそうですよね。

RUSTYDARE4.JPG 
最近では車のキーに装着するレザー製品もラインナップされています。
基本的に車種ごとのオーダーのようですが、車種に偏りが見られましたw
(普通DADGEはありません!)

RUSTYDARE 購入物.JPG 
今回はこちらを購入しました。 レザーバインダー的なものですね。
これからも期待しています!

切り絵作家の滝田佳美さんとグラフィックデザインの風間孝浩さんのブースが素敵でした。
切り絵表現にはいつも目がいってしまいます。

滝田佳美

風間孝浩

 切り絵 滝田さん1.JPG 切り絵 滝田さん3.JPG
繊細な技もさることながら世界観がいいですよね。

切り絵 滝田さん2.JPG 切り絵を閉じ込めたブローチも素敵です。
風間さん2.JPG 
洋金箔を使用した表現です。

 
風間さん購入物.JPG 
こちらのポストカードを購入しました。
ちょっとザラッとした質感が素敵です。
鉱物な側面もあるのでこれから酸化してきて更に深みのある色彩になるのではないかと期待しています。
これからの経年が楽しみです。


株式会社マイクロボード・テクノロジー

スキャナー.JPG スキャナー1.JPG
少しは仕事モードにもw
興味があった3Dスキャナーを実演していただきました。

3分程でスニーカーのデータはほぼ撮り終えた感じでしたね。
弊社の業務で有効に生かせるかを画策中です。


YUBE


 YUBE3.JPG 
素敵な雰囲気です。
廃墟をモチーフに制作しているYUBEさんのブースです。  

YUBE1.JPG  YUBE2.JPG
※写真がいまいちで申し訳ございません。
ご自分で撮影された廃墟の写真で構成したグラフィックの数々は廃墟そのものより語っているように思えます。
廃墟の美しさってあります…が表現によっては雑然としたものとなるばかりか汚い印象になると思います。
YUBEさんの作品は処理がとにかく繊細なんです。
モチーフから要素を抽出するのもセンスなんです。

こちらでは写真集とポストカードを購入しました。

今回はいいと思ったものは購入する気構えで臨んでおります!w

あちこちでライブペイントもやっておりましたよ。
壁画1.JPG 壁画2.JPG
ラベンダーゲロ…書いてある言葉のインパクト、表現方法…今の若い人でもこういうプリミティブな表現は
アリなんだなと安心しましたw
なんか描いている人がみんな可愛かったですw


ブース全体の写真を撮れば良かった…もうびっしり爬虫類、両生類なんです!

真工房2.JPG 
爬虫類、両生類を中心に展開している真工房さのブースは道行く人の目に止まっておりました。
「爬虫類だけど可愛い〜」って声もありましたから。

 真工房3.JPG  
この子はあまりに可愛かったので購入致しました。
こういうヤモリ系のツラ構えに弱いんです…ていうかヤモリが好きです。

真工房4.JPG 
 こういうノリのものもあります。

真工房さんのの製品はデフォルメをしながらも、表皮の表現、基本的な骨格が実際の生き物同様に表現されているので
キャラクター的なプロポーションでもミュージアム模型のようなオーラがあります。

作者の方はお若いのに手作業による表現に拘っている熱い方でした。
製品からその熱さが伝わりました。
好きという気持ちが突き動かしている感じがしましたね。


こみ

こみ1.JPG こみ2.JPG
なんとも魅力的なロボ達で食いついてしまいました!
この絶妙なディフォルメ感覚が素敵です。
独特な質感も不思議ですね…。
3Dプリンターによる出力でしょうか?


お話を聞かせていただくと3Dプリンターによる出力ではなく、元は紙だそうです!
細かい製法は省かせていただきますが手間かかってます!

因みにチュッパチャップスとチロルが収納されているロボはオカシロイドといいますw

こみ3.JPG 
私はチロル収納型のオカシロイドを購入致しました。
ついてきたチロルをいつ食べようか迷っています。


KAGEMARU DESIGNS

KAGEMARU1.JPG KAGEMARU2.JPG
不思議の国のアリスがとんでもないことにw
毒々しさの中に可愛さが同居するKAGEMARUさんのブースです。
この手のLOW BLOWテイストのものはさじ加減が難しいと思ってます。
単なるグロだと手に取れないんですねーw 私もグロいだけのものは苦手です。

KAGEMARU3.JPG KAGEMARU4.JPG
なんかかわいいんですよねw
リスキーなw血のりver.をラインナップに加えるところが好きです。
(血のり表現のさじ加減も上手いですw)


KAGEMARU5.JPG 
シャレが効いたネーミングですねw ちょっと心配です…。
ゾンビ映画好きな私としましてはかなりツボなKAGEMARUさんのブースでした。

こちらでは毒々しいうさぎさんを購入しました。
鞄なんかにつけませんよ、だってキズついたりなくなっちゃいますから!


N.E.E.T

存在は知っていたもののコンタクトを取ったことがなかった自宅警備隊に今回は初接触!w
自宅警備隊という自虐なネーミングで身内ノリかと思いきや、完璧な装備、グッズのクオリティの高さはもはや企業です!w
ニートとかオタクと言われている方々がクリエイティブに向かうととんでもないものが出来るというのは自明の理です。

NEET.JPG 本気なブース。隊員が警備にあたっています(自宅ではありませんが)

NEET隊員.JPG 意外にも気さくな感じでしたw カッコいい写真だなと。


自宅警備隊ステッカー.JPG

こちらではN.E.E.Tの蓄光タイプのステッカーを購入しましたw
無駄にスペックの高いタフなものです。
宅外派遣というフレーズに痺れます。

しかし…どこに貼ろうか(爆


…とまぁこのぐらいにしておきます。
内容に多分に偏りがあることをお許しくださいませ。


真夏のDESIGN FESTA+GAKUTEN 2016は今日までです!
まだ間に合いますのでご興味を持たれました方はいますぐ!

ツイッター、ブログなどで告知させていただいておりますが弊社も今年11月のデザインフェスタに出展致します。
去年とはガラリと違う内容となりますので色々不安もあるのですが、スタッフ一同協力し合って進めているようですので
いいものをお見せできるかと思います。


詳細はまたスタッフより発表があるかと思います。
よろしくお願い致します。


株式会社オズアート


posted by OZ-ART at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年08月15日

水木しげるのGeGeGe大妖界

代表の岡部です。
夏季休業中の企業様が多いかと思いますが、弊社は明日より業務再開致します。

お盆ということで都内も幾分空いているかと思い以下の展示を観て参りました。
実際は都内は大賑わいでしたが!w

「水木しげるのGeGeGe大妖界」

渡辺に続き、妖怪ネタですがw
業界内でも評判の展示でしたので、とても楽しみでした。
その期待に応えてくれるいい展示でした。

鬼太郎 誕生1.JPG 鬼太郎 誕生2.JPG
入場してすぐに名シーンが再現されていて捕まれます!
鬼太郎誕生です!
この不気味さが本来の水木先生の真骨頂かと。
(個人的には後半の人間達を悪い妖怪から守る正義の味方と化した鬼太郎より、この頃のフリーダムな鬼太郎が好みですw)

丁重に作ってありますね〜見習いたいところであります。

パネル1.JPG パネル2.JPG パネル3.JPG

パネル4.JPG パネル5.JPG
先生の絵もパネル化され至る所に展示されています。
先生の緻密な点描も炸裂です!
唯一無比、比べるものがない個性があります。

カワウソパネル.JPG 
個人的に好きな「かわうそ」の絵。
着流しが粋です。

ダキ パネル.JPG 先生は日本のロウブロウアートの先駆けなのではないでしょうか?


妖怪小路.JPG 見事な演出。こちらは展示の「裏」なんです。

表は…。

天井なめ.JPG 山童.JPG あかなめ.JPG
影をも利用し、妖怪の本質を暗示させています。
山童(やまわろ 写真中央)、不気味過ぎです…。

油すまし.JPG お馴染み油すまし。思慮深い佇まいはヨーダを思い起こさせますw

無限六角堂.JPG   無限六角堂 1.JPG
無限六角堂の演出は圧巻でした!
妖怪曼荼羅の様相です。
手間がとてもかかったと思いますが、この世にある「別の世界への入り口」としての効果はバッチリかと思います。
(ピースするような場所ではありません)
↓この辺りから妖怪屋敷へ…

目目連.JPG

この目目連(もくもくれん)の演出は素晴らしかったです。
お馴染みの妖怪ということもありお客さんも盛り上がっておりました!

厄病神.JPG ざしきわらし.JPG
左から「疫病神」、「ざしきわらし」
いやーほんと丁重に制作していますね!ミュージアムレベルかと思います。
背景も気合入っています。

イジャロコロガシ.JPG 
イジャロコロガシ
既に不気味なのに…とどめの演出…お子様は泣いていましたねw

ぬりかべ.JPG お馴染みのぬりかべです!壁感凄いですね。

見上げ入道1.JPG  見上げ入道2.JPG
渾身の1体!見上げ入道です。
作り込み激しいです&ド迫力です。

この辺りからノリがドンドン不気味に…。

百目.JPG 1本だたら.JPG
左から百目(百目タイタンの元ネタ?)、一本ダタラ、先生の描く妖怪の中ではお馴染みですね。
怖さの中にどこかファニーな要素があるのも先生の絵の特徴ですかね。

大かむろ.JPG 
大かむろ。狸が化けたものですか?狸さん、やり過ぎですよw

大かむろ アップ.JPG
…濡れたような質感が不気味さに拍車をかけます。

がしゃどくろ1.JPG  がしゃどくろ2.JPG
これぞロウブロウアート!ながしゃどくろ!
ロバート・ウィリアムスが描いててもおかしくないと思います(?)
先生の描くがしゃどくろは最高です…でそれを忠実に立体化!


…この後もあるんですが…それは会場で体験してください。
ヤラれますw 子供さんはギャン泣きです。



こちらの展示は8月29日まで池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートで開催中です。
もう色々言いません、オススメします!
しかし造形物はいい出来でした〜我々も参加させてください!w

あ、オススメといえば「シン・ゴジラ」も最高でしたよ。
すいませんが、もうハリウッドは作らなくていいと思いますw



前述の通り、明日より業務を開始しておりますので、お気軽にお問い合わせなどよろしくお願い致します!




株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年08月12日

妖怪展へ行ってきました!

どうもー、制作の渡辺です
本日は両国で開催されている大妖怪展へ行ってまいりました
山の日だからなのか暑いのに入場制限をするくらい混み合っていました
写真 2016-08-11 15 02 20.jpg


ブログ用に写真を撮ってきたかったのですが残念ながら場内撮影禁止・・・ので展示写真はサイトから

highlight_works01.jpg highlight_works02.jpg
国宝レベル、というか国宝まで展示されていてビックリ

highlight_works11.jpg normal-1.jpg
すごーくゆるいヤツまでw 妖怪は愛嬌があるのが多くていいですね
右の写真の妖怪は目がグリグリ動いてました


normal.jpg
ジバニャンまでいましたw
やっぱり造形物があるとどうしても気になってしまいます


またおもしろそうなものがあれば色々観に行ってみたいですね
ちなみに私は妖怪ではがしゃどくろとか好きです



株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年07月25日

Wonder Festival2016 Summer

代表の岡部です。

昨日は幕張メッセで開催されておりましたイベント「ワンダーフェスティバル2016 夏」に行って参りました!
…てつい最近ワンフェスの記事を投稿した気がしています。
年を重ねると時間が経つのが早く感じる…というのは本当のようですw

入口.JPG 
それはそうと。
なんといい天気でしょう!
この日は暑すぎず過ごしやすい日でした。

Visno1.JPG
こちらのブースは撮影するのが大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
人だかりが3重位になってました。

Visno2.JPG  Visno3.JPG
確かにいい出来なんです。
下手なのは撮影です…いまいちな写真ばかりでした。
単焦点レンズ、未だに使いこなせていません。

160724-140636005_R.JPG 
制作代行業者さんのところにありました。
透け表現が凄いですね〜

スコープドック.JPG ブラッドサッカー.JPG

ベルゼルガ.JPG 
前もこちらの画像をあげたようなw
でもボトムズは大好きなんでしょうがないのです。
ベルゼルガはやはり他と異質なデザインですね。

マシーネンクリーガー搭乗1.JPG マシーネンクリーガー 腕.JPG
搭乗させていただけました!なスチール製マシーネン・クリーガー!
先日マシーネンネタは書いたばかりですねw
制作者である改華堂さんがいらしたので撮影までお願いしてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
ありがとうございました!

改華堂さんは独創的なカスタムバイクを制作する愛知県のショップです。
好きが高じて…なんでしょうけど先日のビームスでの展示に続き今回はワンフェスです!

今後が実に実に楽しみです。

鹿ファルケ.JPG 
その名も鹿ファルケ
こちらも改華堂さん制作です。
静謐な美しさがあります…


マシーネンクリーガー引き.JPG マシーネンクリーガー1.JPG

マシーネンクリーガー2.JPG マシーネンクリーガー3.JPG
そろそろやめておきましょうw


がらりと空気を変えてみます。

プレデター1.JPG プレデターオフマスク.JPG
プレデターの一作目は名作だと思います。
未だに普通に観れます!

ビックチャップ.JPG 
エイリアンも同様

エイリアン.JPG  クイーンヘッド.JPG
実物のプロップからの型取りとのこと。
クイーンはやはりデカいですexclamation

エイリアン4.JPG
賛否両論だった4作目からの。
人間とのハーフという設定ですね。監督がジャン・ピエール・ジェネでしたか?
物悲しい眼差しが…個人的にはこういうのはエイリアンに不要かと思います!
エイリアンは徹底的に無慈悲でお願いしたかったです。

女型巨人.JPG
けっこう綺麗な人なのかな?w

MAD MAX Tシャツ.JPG
こちらのブースはイカれてました。
いちいちネタがマニアック過ぎです。
マックスターンって日本で生まれたネーミングらしいです。
向こうではドーナッツというそうです…なんかなぁ…w

ジャギ1.JPG ジャギ.JPG
「俺の名前をいってみろ」と言われそうないい出来です。
これはもはや石膏像のノリです。
ヘルメスあたりのw

シン・ゴジラ1.JPG シン・ゴジラ3.JPG
シン・ゴジラ2.JPG
尾が過剰に長いのがいいですね!
これが販売される時代なのですか…
歴代のゴジラの中で一番凶悪な面構えですか?最高です。

多くは語りませんがシン・ゴジラは期待できると思います!


鹿島.JPG 3Dプリントフィギュア.JPG
3Dプリントによる等身大フィギュアも徐々に出てきたようですね。
しかし…レベル高いですね〜どうしましょう?w



BONA1.JPG BONA2.JPG
bo-na!

弊社がお世話になっておりますご近所さん、ボーナさんのブースを訪れました。
前回は背後の方達が会場を練り歩いておりましたが、今回は販売にも力点を置いていました。
しかし派手ですw 色が多いです!

 
ハードスケジュールだったかと思いますが、お疲れ様でした!



結局全部見れていないですね〜いつもそうです。
必ずどっかで捕まれてしまうのです。

でも今回もやっぱり刺激を受けるものはありました。
弊社スタッフも何人か行ったようなので何か感じてくれたかと思っております。

それにしても制作技術の進歩の速度は凄いですね。
手作業が完全になくなることはないとは思いますが、弊社のような業務でここまでデジタル化、機械化される時代が来るとは、というのが
感想です。

今までもこの話は触れているかと思いますが、アナログとデジタルの融合でやっていく、というのが現実的ではないかと思います。


 
現在弊社は比較的物件が落ち着いた状態です。
皆様お気軽にご相談の方お願いします!



株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年07月18日

大野萌菜美のダンボール作品展

代表の岡部です。

いよいよ夏本番でしょうか。
昨日は蒸しまくってましたね〜

しかし私にはどうしても見たいものがありましたので、一路銀座へ!

大野萌菜美のダンボール作品展

会場は銀座7丁目にあるギャラリーCHEEPA´S GALLERYです。

私は初めて訪れたのですがなにやら個性的な企画をやっているようです。
今後要注目ですね。

…で展示です。
会場に入ると作家の大野さん自ら作品の撮影をしていますw
しかしこの日は風邪をひいているとのことで声が出にくい状態とのこと。
マスク姿で黙々と撮影をなさっていました。
ハードなスケジュールだったと思いますがお大事にしてください。


AT−ST.JPG  サックス&ジェットモグラ.JPG
いきなりAT−STです!
スターウォーズ特有のゴチャゴチャ具合(この表現大好きです)もよく再現されています。


サックス.JPG 
しかしこちらのサックスのディティールは凄いです。
曲線部分などは絞り出しのようですね!

スニーカー類.JPG 工具.JPG
大野さんの手掛けるモチーフは偏りがあるようなないようなw

デロリアン.JPG デロリアン!

R2−D2.JPG R2−D2!


エヴァ.JPG 進撃の巨人 表紙.JPG
話題のさらったこれらの作品も!
進撃の巨人は一巻の表紙を再現!
レリーフ状のものを板状の材料で制作するのは難しそうですね〜

カービン.JPG 最近の先生が構えている写真がアップされてましたねw

ミレニアムファルコン1.JPG ミレニアムファルコン2.JPG
ガラスケースに収まったミレニアムファルコン!
凄い作りこみです!この勢いでスターデストロイヤーもお願いします!w
それにしてもカッコイイデザイン。

さてここからは先生の真骨頂、戦車が続きます。
私は戦車の作品をネット上で見つけたのが最初の出会いでした。
お世話になっているダンボール制作会社のメルマガに掲載されていたのです。
因みにこちらの会社のメルマガは相当面白いですw

ティーガー1.JPG
戦車界きってのイケメン?ティーガーT!
非の打ちどころがないですね。恐竜でいうとティラノザウルスですよ。

エレファント他2台.JPG  
この中だとエレファントが好きですかね。
まぁ実物はさぞ大きいんでしょう。こちらの作品でも重さが伝わってきます。

W号H型.JPG  
やっぱりW号H型は一番好きですかね。
追加しました!って感じの装甲版が独特の形状を作っています。

ケッテンクラート1.JPG ケッテンクラート2.JPG
独特といえばケッテンクラートでしょうか。
Youtubeで走行しているケッテンクラートを見た時は見入ってしまいましたw
実車が確か日本にも1台ありましたよね?いやーよくぞこんなマニアックなものをモデル化してくださいました。

デマーグ.JPG
デマーク…マニアック過ぎるw

チャーチル、シャーマン、リー.JPG 
連合軍も負けていません(いや負けてるかw)
先生は絶対ドイツ軍戦車が好みかと思います。


ヤークトティーガー.JPG 
やはりこちらの方が強そうです…な駆逐戦車ヤクトティーガー。
如何にも装甲厚そう!
側面に装着された各種装備品に萌えますw

そろそろお腹一杯かと思いますw
皆さん気づきましたか?なにしろほとんど売約済みなのですよ!
それは欲しいですよね〜


写真OK.JPG
でも私はこちらを購入させていただきましたw

こちら先生の作品であると共に、社内で用途があるのです。
到着次第飾らせていただきますので、関係者の皆様ご来社お待ちしております!



会場を後にする前に図録を購入し、図録にサインをしていただきました!
体調が本調子でない中誠にありがとうございます!
(サインのマジックが図録に写らないようにそっと紙を挟む先生の気遣いが素敵でした)



ここのところマニアックなネタを連投してしまいましたねw


でも弊社のような業務を行う会社はこういう部分がないと楽しめないし、いいものをできないのではないかと思っております。
先日の横山宏先生もおっしゃっております。

「オタク様に敵う才能はない」 とw

まぁ私はオタクとは言えませんが。
どっぷりハマっている方に憧れています。

アニメ、映画、ミリタリー、バイク…なんでもいいと思います。
突き詰めた先に見えるものがあるんでしょうね。

弊社スタッフも積極的に街へ出て色々なものを吸収し、業務に存分に生かしてください。
よろしくexclamation×2



株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年06月23日

ART EXHIBITION TRIBUTE TO KOW YOKOYAMA

代表の岡部です。
梅雨らしくなって参りましたね。蒸し暑い日々がここのところ続いています。
そんな昨日、展示を見て参りました。

ART EXHIBITION TRIBUTE TO KOW YOKOYAMA
横山宏 トリビュート展


私の世代で模型を制作していた方なら氏の名前は知っているはずです。
ガンプラが流行っている時期に突如現れたスタイリッシュなパッケージの模型を。
「外国製か?」と思った方も多いかと思います。私もそうでした。

それが「SF3D」シリーズでした。
以来独自の世界観を維持したままマシーネンクリーガーと名前を変え、現在でも世界中にファンがいる氏の作品群。

そんな横山氏が還暦を迎えるにあたり、様々なアーティスト、クリエイターが氏へのオマージュとして制作したものを
展示しているのが今回の展覧会です。

NPS 1.JPG NPS 4.JPG
凄い!

NPS 2.JPG  NPS 3.JPG
鋳肌の質感もリアルなリアルサイズです!
個人的には巨大ロボよりこれ位(大きくてもボトムズ位)のロボ(メカ)が好みです。


160622-141624000_R.JPG 160622-143024000_R.JPG

160622-141859001_R.JPG 160622-142945000_R.JPG
いいですね。
思わず久しぶりにプラモデルを購入してしまいましたw

160622-142419000_R.JPG ロッキンジェリービーン.JPG
グラフィックもありました。
ロッキンジェリービーン氏まで!横山氏の各方面への影響が感じられます。

村上隆 ナッツロッカー.JPG
映り込みが多くてすいません。
あの村上隆氏作のナッツロッカーです!



プロパガンダナッツロッカー 1.JPG プロパガンダナッツロッカー 2.JPG
゛プロパガンダ ナッツロッカー゛
数々の兵器を開発したKow Yokoyama博士の生誕60周年記念パレードに使用…というコンセプトで制作したとのこと。
エッフェル塔は載ってるし、サッカーボールは載ってるし(氏のサッカー好きは有名)…で盛り沢山な内容です。
作りこみ凄いです!

竹谷隆之 1.JPG こちらも作りこみは壮絶なものがありました!

 竹谷隆之 3.JPG 竹谷隆之 2.JPG
竹谷隆之節炸裂です!

竹谷隆之 4.JPG 竹谷隆之 5.JPG
どれだけの制作時間がかかっているのでしょうか?
エージングの表現も実に深いものがありましたね。隅から隅まで抜かりないのです。
只々見入ってしまいました。

寒河江弘.JPG 
寒河江弘氏の横山さんw 似過ぎです。
横山氏の人柄まで表現されていますね。

大野萌菜美 1.JPG 大野萌菜美 2.JPG
段ボールクリエーターの大野萌菜美さんの作品は変化球でしたね〜
メカ系を得意としているように思えましたがこう来ましたか!
段ボールという素材でできる表現の極致に達している感があります。
7月の展示は必ず行かなくては!

中澤忠幸 1.JPG 中澤忠幸 2.JPG
超絶可愛い、中澤忠幸氏のぬいぐるみ!
真面目に、忠実に制作しているのにこのクタッとした感じが溜まりません黒ハート

改華堂.JPG
独創的なカスタムバイクの制作で有名な愛知県の改華堂さんの作品。
同店のブログで制作工程は拝見していましたがこうして目の当たりに出来ると存在感が既に凄いです。
ここのメタルワークは凄い技術ですからね。
完成が楽しみです。


横山宏氏と.JPG
感激ですexclamation
たまたま会場入りして参りました横山氏と記念撮影&サインまでいただいてしまいましたexclamation
大御所の横山氏ですが、実にフランクな、明るいキャラクターの方で色々お話をさせていただけました。
還暦とのことですが、とても若いオーラを感じましたね。
好きなことに邁進している方はやっぱり違います。

横山さん、ありがとうございました!
購入したプラモデルはありがたく制作させていただきます。


…という感じでとてもいい時間を過ごすことができました。


数々のクリエーターの作品にも感銘を受けましたし、横山氏のバイタリティ溢れる制作姿勢にも勇気づけられた感がしました。
う〜ん…やっぱり名だたる作家さんの作品は突き抜けてます。

我々が日々制作しているものは企業様より受注をいただいているものであり、私は作品とは呼ばずにあえて製品と呼んでいるのですが
作品と言えるようなものをお客様は期待している部分はありますよね。

作品といえるような製品を出していけるようにまだまだ精進しなくてはならないと感じた展示でした。


こちらの展示は今月29日まで原宿にありますトーキョーカルチャート(ビームスの3Fです!)で開かれておりますので
見にいきましょう!w


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年06月11日

東京おもちゃショー2016

代表の岡部です。
本日は梅雨の中休みといったところでしょうか。

今年も行って参りました「東京おもちゃショー2016」!


今年も国内外のメーカー達が呻るようなTOYSを見せてくれました。
(私は色々な造形物を見たいというのも大きいのですが)
最近、玩具はスマホのアプリと連動させて遊ぶものが増えているんですね。

    トーマス.JPG トーマス 実演.JPG
こちらもそんな専用アプリと連動させて遊ぶことができるトーマス…しかしもっとストレートに凄いんです。
お姉さん(この方、昨年はビックトーマスを解説していたようなw)が持っているメガフォンで「トーマス、とまれ」などと指示を出すと線路上を走っているトーマスが停車するんですね〜これは嬉しいですよね。

トーマスメガフォン.JPG  ※こちらのメガフォンは商品ではありません


トーマスブリッジ1.JPG  トーマスブリッジ2.JPG

トーマスブリッジ3.JPG 
わかりますか?橋に注目です。トーマスが近づいてくると橋が出てくる仕組みです。
さらっとテクノロジーを感じます。


 ダースヴェーダー.JPGボバ・フェット.JPGオビワンケノービ.JPG
ルーク・スカイウォーカー.JPGプリンセス・レイア.JPGハン・ソロ.JPG
流石、圧巻の出来のフィギュアが並ぶHOT TOYS!
ここの凄いところは生身の人間の顔まで超絶「似せてくる」んです。

パッと見、映画のスチール写真のようではないですか?
(ちょっとマーク・ハミルかっこ良すぎw)
毎年感心しきり、です。


バービー2.JPG  バービー1.JPG
マテルブースにて撮影したものですが…
バービーさんにも東洋人ver.が存在するのですね…しかし…しかしオールドスクール過ぎやしませんか?w
アイコンとしてわかりやすい、これが重要視されている気がします。


リカちゃん.JPG その点、リカちゃんはホッとします。超越した存在といえるでしょう(?)


ゴーストバスターズ.JPG トゥーフェイスカー.JPG007スペクター.JPG
マテルといえばバービーと並ぶヒット商品、HOT WHEELSがあります!
ゴーストバスターズの59年型キャディラックはMUMMIESの機材車と共に傑作キャディラックです!
(個人の意見です)

アンパンマンバルーン.JPG  アンパンマン.JPG
話題がマニアックな方向に行きそうですので、ひとまずアンパンマンに収めていただきますw
今年もキラキラしていて何よりです。



モーゼル.JPG 
今年も足を運んでしまいます、のマルシンブース。
モーゼルM712はいつみてもカッコイイです。

リボルバー.JPG

ルガーレッドホーク.JPG
リボルバーは機能美の原点的なものを感じます。
この野蛮な雰囲気は昨今のスタイリッシュなオートマチックには出せません。

エンフィールド.JPG 
エンフィールドも堪らないですね。時代が違うのにスチームパンクの香りがします。

坂本龍馬の拳銃.JPG 
…マニアック過ぎるぜよ。



ミレニアムファルコン1.JPG ミレニアムファルコン2.JPG
超絶な出来のミレニアム・ファルコン号!
ルーカス節が炸裂した好デザインかと思います。去年展示されていたスターデストロイヤーも狂ってましたね〜w
とにかく凄まじいプラモデルだと思います。

Xウィング タイファイター.JPG スピーダーバイク.JPG
また完成品の塗装技術も超絶です。
空想上の産物ですがあくまでリアルに、です。


86 1.JPG 86 2.JPG
濃い写真ばかりで申し訳ございませんw
トヨタ86のライフガードver.です。
ライフガードは発売当初より異彩を放ったパッケージを展開していましたが、最近はHOT RODテイストを吸収し更に尖がった気がします。
このままバイオニック飲料街道を突っ走って欲しいものです(?)


ゴジラ1.JPG ゴジラ2.JPG
これを発売するんですか?のゴジラ!
ド迫力です!

ゴジラ頭部.JPG 細部までよく表現しています。

話題の新作「シン・ゴジラ」をモデル化しているのではないですが、90年代の筋肉質で、且つ凶悪なイメージのゴジラをよく表現しているなと。

…で個人的には「シン・ゴジラ」は楽しみ過ぎます。
やはり思い入れのある方が制作したものは違うはずなんです。
もう予告編で痺れますもんね。



はじめ.JPG そら.JPG

Camatte

゛はじめ゛と゛そら゛  可愛いですね!
コンセプトカーではあります、親子で運転することを前提とはしています…がこういう車を実際に公道ver.としてリリースしたら良いのでは
ないでしょうか?TOYOTAさん!
皆さん子供のような笑顔で試乗していましたよ。


個人的にはこういう生活感のない車がもっと街中に走っていて欲しいです。




毎回同様の感想を持つのですが、やはり1日では見切れない物量ですね。
どうしても自分の興味のあるブースに吸い寄せられてしまいますしw


ともあれ、今年も色々と刺激をもらえたイベントでした。
弊社の制作業務にも今回の展示会で得た感覚を落とし込めたらいいと思います。
イベント、ディスプレイに関わる弊社の業務は「今の感覚」ってとても大事だと思います。


そんな感覚を大事にしつつ、これからもいい製品を世に出していけるよう頑張っていきたいです。

株式会社オズアート

posted by OZ-ART at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年05月23日

Shaun IN SHIBUYA

代表の岡部です。

ここの所暑くないですか?まだ暑くなるの早い!
(暑いのが苦手ですあせあせ(飛び散る汗)

しかしそんな暑い中表題のイベントに参戦していました。

Shaun IN SHIBUYA

渋谷区内に30体(正確には31体点在するひつじのショーンのスタチューを探していくイベントです。
渋谷区内というと渋谷駅周辺なイメージがありますが、代官山、原宿、恵比寿も渋谷です。
…というわけですべてのショーンを確認するには強靭な肉体が必要となります(ウソ)

…いや、けっこう疲れましたねw あまり都会に明るくないので迷ってもいますし。
あしかけ3日かかりました…かね。

でも私は結果的には30体確認しましたexclamation
もう途中から意地ですw
アプリ画面.JPG 
今回のイベントの為に作成されたアプリ画面です!

ショーンマークが緑色になっておりますが最初は皆赤色なのです。
見つけるたびにスタチューに記載されている数字を入力するとチェックイン!

なんだかドラゴンボールを探しているみたいで楽しめましたよ。

30体す全てのショーンを撮影致しましたので以下ご紹介です(長いですよ)

ヱヴァンゲリヲン.JPG  シュガシュガルーン.JPG
エヴァンゲリヲンモデル&シュガシュガルーンモデル!
こちらは去年東急プラザの入口に鎮座しておりましたね!

ええ感じ.JPG ハローキティ 1.JPG
ええかんじShaun&ハローキティモデル!
ええかんじShaunはものづくりに携わる皆様の味方、東急ハンズ入口に鎮座!
キティは…なんだか緊張する場所でしたw


ユニオンジャック.JPG SWEET.JPG
ユニオンジャックモデル&Sweet Shaun!
人通りの激しいヒカリエにあるユニオンジャックver.と対照的にSweet Shaunは実に落ち着く場所にありましたね。
(Sweet〜は場所がわからず警備員さんに教えていただきましたw)


ノーマル.JPG 
ひつじのショーンの設置場所は人通りMAX! 皆さん、何気な〜くショーンに体を預けてましたw

サンダーバード.JPG  ニックパーク1.JPG
今年の東急プラザにはサンダーバード ARE GO!
そして意外な場所、金王八幡宮にはWe´ll call him Shaunが。
因みにこちらのWe´ll call him Shaunが私は最後に確認したショーンでした。
最後が神社でほっと一息入れたのを覚えています。

ニックパーク2.JPG これはホッとするでしょう?w

 

Shaun Shaggybreeches 1.JPG       BRONZE.JPG
Shaun Shaggybreeches&B.a.a aronze
Shaun Shaggybreechesの方は私が不慣れな恵比寿ガーデンプレイス内にありまして迷いましたw
まず建物の構造が把握できてない!

SAMURAI.JPG  FLOCKABILLY.JPG
一見相反するノリのショーンですがどちらも゛和゛です。(ロカビリーではなくローラー族なんです!)
SAMURAI SHAUN&Flockabilly!
SAMURAI〜飲食店の中にありますので何だか居ずらかったですw

Flockabillyはドカティ スクランブラーTOKYOの店内にあり、店内にはバイクが!
160522-125000000_R.JPG 
 …この後こちらのバイクに跨らせていただきましたw
いやードカティもいいですね!w
店員さんもかなり感じがよい方でしたのでつい買い物もw

DUCATIマグ.JPG (DUCATIには乗ってません)



スクランブル 1.JPG スクランブル2.JPG
ド派手なShibuya Scramble!
こんなに派手なのに場所が109入口なせいか普通に馴染んでいましたw
ピッタリの場所だと思いました。

KOYO.JPG     山本太郎.JPG
KOYO Shaun&扇面貼交ショーン(せんめんはりまぜしょーん)
渋い!そして手がかかっている感満載です。

市原淳ver.1.JPG  ぬいぐるみ.JPG
絵かきのショーン&ぬいぐるみ系
どちらも可愛いですね〜るんるん
ぬいぐるみ系はもこもこ具合がぴったりでしたね。

スイミー.JPG  黒板.JPG
Prairie Sheep&write me your something
代官山蔦屋はインパクト大なショーンで攻めてましたねー
write me your somethingの方は同じ蔦屋でも渋谷蔦屋6F。
思いっきり書店内ですw (因みに全面が黒板になっております!)

FLOWER GARDEN.JPG   Hana5 1.JPG
FLOWER GARDEN&Hana5
どちらも女性受け間違いなし!
個人的にはHana4さんのHana5が好きですねー実際見ると細かい書き込みによるワールドが広がっております。

BE HAPPY 1.JPG   BE HAPPY 2.JPG
BE HAPPY!
こういう執拗な書き込みのものに弱いんですよね〜w
これは特に好きです。
(cocotiに初めて入ったのは内緒ですw)

MANGA BIBBLE.JPG  
MANGA BUBBLE X HELLO MY NAME I With Shaun!
ボムりまくりです!ファンタジスタ!


Brick.JPG   お寿司.JPG
その名もBRICK SHAUN&お寿司のショーン!
2体とも直球なタイトルに痺れます。
お寿司、凄いですねw よく見るとワサビが効いてますよ。

パディントン.JPG   Zeebra.JPG
PADDINGTON SHAUN&Shaun the PLAYCOOL
奇跡のコラボ?パディントン+ショーン!イギリスの香りしかしません!
対するShaun the PLAYCOOLはヒップホップアーティストのZeebraさんによるグラフィック、さすがにストリートの香りがします。

GARO.JPG 
GARO Shaun! マークシティ入口に鎮座!
まるで狛犬のように睨みを効かせておりました。


赤十字.JPG 
 For the Children
渋谷区の仮庁舎の中でひっそりと道行く人を見守っておりました。
ここで同志とお話しました。もちろん面識のない方です。
情報交換できたのが良かったですね(この方とは後に金王天満宮で再会したのです!)


…以上でイイですか?w
前述しましたがまぁ疲れましたよ、でもとても楽しめましたし何より渋谷区にちょっと詳しくなった気がします。
いつも見ているんだけど名前を知らないビル、入ったことのないビル…そんな手強いビルも「ショーンを探す」という使命感に
かられどんどん入っていけるのですw

こちらのイベントは単なるスタンプラリー的なものではありません。
チャリティーなのです。子供たちのためのプロジェクトなのです。
中々我々日本人にはいまいち馴染みのないチャリティー、芸能人ばかりのものではありません。
こういう形でチャリティーに参加できたのは良かったと思います。


とても長い記事になりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。
弊社は連休明けのある種微睡んでいたような日々から一転しつつあります。

暑い日々が続くようになって参りましたがスタッフ一同気を引き締めてかかります!

株式会社オズアート

posted by OZ-ART at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年05月09日

プラレール博 in TOKYO

代表の岡部です。
今日はずいぶんまとまった雨が降っていますね〜

先週のお話になりますが5/3〜5/8まで幕張メッセで開催されておりましたイベント「プラレール博 in TOKYO」に行って参りました。
弊社としましては毎年関わらせていただいているイベントとなります。

会場外.JPG 
朝から行列ができております!
とはいえ進みはスムーズですので見かけほど入場に時間はかかりません。

巨大ジオラマ.JPG 巨大ジオラマ2.JPG
圧巻の巨大ジオラマに皆さん釘付けですね。

函館新北斗駅.JPG 今年は話題の新函館北斗駅も出現!

巨大てっちゃん.JPG てっちゃんは今年もお客様を見守ってくれています。

 キャップ.JPG  上履き全景.JPG
てっちゃんの部屋に入るというコンセプトに基づいております。
キャップの中はプラレールのジオラマが展開されております…があまりの子供たちの熱心さに中を撮影することができませんでしたw

上履き内部.JPG 上履きの中もジオラマが展開しているのです!

上履き レール.JPG  意外性のある演出に歓声が上がっていましたね。これは確かに意外過ぎる!w

ビックトーマス1.JPG ビックトーマス2.JPG
今年もビックトーマスが頑張ってくれていました。
トーマスは何処でも人気者です。
玩具のビックトーマスを持っている方は特に感激される様子でした。

トーマスメガフォン.JPG お!トーマスメガフォンですね?


母の日演出.JPG
母の日が被っておりましたのでこんな粋な演出も。


シンカリオン 正面.JPG  シンカリオン 斜め.JPG
新幹線変形ロボ、シンカリオンも登場です!
巨大な顔面は迫力ありました!

シンカリオン 画面.JPG  派手なアクションシーンに皆さん見入っておりました。

はやぶさ.JPG 
北海道新幹線はここでも話題になっておりました。


会場内はどこに行ってもご家族連れが一杯で、撮影も難しい感じでした。
興奮状態になっているお子様も数多く見受けられ、親御さんたちはさぞお疲れだったと思いますw


 
毎年足を運ばせていただいているイベントですが、毎年大きなウリがあり、飽きさせないところが人気の秘密かと思います。
これから各地方を巡回していくかと思いますので、まだご覧になったことのない方は一度足を運ぶことをオススメします。


さて長かったゴールデンウィークも終了し、今日から皆様も通常モードになっているかと思います。
弊社は今週は現場作業から始まりました。(実は私も先ほどまで現場におりましたw)

今後も現場、制作と予定が入っておりますが、気持ちを切り替えよい製品を制作していきます!


株式会社オズアート
posted by OZ-ART at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント

2016年03月27日

ARTS SAITAMA KITAMACHI

久しぶりの更新となります。代表の岡部です。

先週の21日の出来事となってしまいますが、面白いアートイベントに行って参りましたので報告します。

ARTS SAITAMA KITACHI
アーツさいたま・きたまちフェスタ 2016・ASK祭

場所はさいたま市プラザノースという場所で特に美術館という訳ではなくショッピングモールや図書館などが
混在する場所となります。
そんな日常の空間に非日常過ぎるw作品が設置されていました。
個人的には前知識のない方々が行き交う場所にアート作品を置く試みは好きですね。

image.jpeg  image.jpeg

出ました! 私の学校時代の後輩にあたる久保田引成くんの作品さいたまスピニングZ
既にインパクトありで、神々しくもあります。
image.jpeg  image.jpeg

もう人智を超えた迫力があり、オーパーツ的な趣さえ感じます。
初めて見た方はどんな感想を持つのでしょうか?

image.jpeg  「始動」までは時間がありましたので他の作品を見に行きます。


image.jpeg  image.jpeg

なんだこれは!なインパクトの飯島浩二さんの作品、方船-Where is our sweet home-″!
ワゴン車の中の動物達がゴトゴトと不穏に動いています。
怖い!w

image.jpeg   
これは自走できるようですね。
こちらの作品、皆さんに大ウケしていましたが実は心の奥底が揺さぶられていたのでは無いでしょうか?
そういうモヤモヤとした感覚を喚起させる作品でした。


image.jpeg  image.jpeg
これまた凄い!トヨタのフラッグシップカー?、天皇陛下も乗られる高級車センチュリーが石焼き芋販売車に
カスタムされています!

アートユニットであるYottaさんの石焼き芋販売車 金時
分かりやすい高級車wが大好きな私は狂喜しました!

image.jpeg image.jpeg
デコトラ的センスも炸裂しています!  もはや神輿的なボリュームです。
(夕方見たら電飾が綺麗でした〜)
因みにスラッシュカットも豪快な8本出しマフラー(センチュリーはV型8気筒)は実は「煙突」で実際に焼き芋を
配っておりましたw

この出で立ちで大阪から自走してきたようです…アートか否か?アートは美術館、ギャラリーだけのものではないですよ。


image.jpeg  image.jpeg
…しかし今回の展覧会は濃い作品が多いですねw…な

橘宣行さんのランボルギーニタチバナ
タイトルで既にもっていかれます。

ランボルギーニ・カウンタックに橘さんが融合している、とのこと。
何だか「勇者ライディーン」的な造形処理に惹かれるものがあります。
私はスーパーカーブームの際には幼すぎていまいちカウンタックに関する思い入れはありませんでしたが、
当時少年だった方々には「くる」ものがあったのではないでしょうか?
人機一体、これメカ好き男子には夢ですよ(偏見)


image.jpeg  image.jpeg
今回は車繋がりなんですね〜

私の学校時代の先輩、市川  平さんの作品、マジカルミキサー 2016
正直面識はない方なのですが、学生時代よりミキサー車をモチーフに創作活動をされている方でみんな知っている先輩でした。

image.jpeg  美しい…。
変わらず創作活動を続けている姿に畏敬の念を感じました。



image.jpeg  image.jpeg

これは何?ですよね?
角 文平さん、田中雄一郎さんによるガレージキットプロジェクト″で実際の車を手作業で解体したものを最終的に自作のプラモデルの箱に収めていく…との事ですが、今回は撮った画像を逆に繋いでいましたのでバラバラの状態から走るまで、という趣の画像となっておりました。
いやほんと凄い膨大な作業量で只々感心して見入ってしまいました。
私はバイクでも分解する気になりませんw

image.jpeg  image.jpeg
これまたインパクトありな。
上野雄次さんの作品暴走花いけ号 2016年新作

生け花を創作のベースとしている方なのでしょうか?
にしても暴走し過ぎですw  
ある種無難なワゴン車が一気にNOMADな雰囲気になっております。


image.jpeg  image.jpeg
何をやっているのでしょうか?
こちらは牛島達治さんの作品、

旅する工房SEVプロジェクト″との事ですがペダルを漕いで得た動力で工具を作動させています。
色々な工具が付けられるようですが写真では糸鋸で木片を切っています。
なんと大袈裟な機関w

とにかく目に見えない「動力」が見えます。移動した先で工作が可能です。
電気から解放されています。

ペダルを漕ぎながら、息が切れながらの解説本当にありがとうございました!


image.jpeg  image.jpeg

image.jpeg   
國府 理さんの作品電動三輪自動車
何処かレトロフューチャーなデザインに惹かれます。
どんな操縦感覚なんでしょうか。

実際の走行も可能との事です。
作品の周辺がピリッとするような美しい作品でした。


こちらの作品、ちょっと展示場所が分かりにくかったですね。


…とここでさいたまスピニングZの始動時間が近づいて参りましたので戻ります。
今回で久保田くんの「廻車」はラストとなります。

image.jpeg  image.jpeg
鎖が外され…人と機械を繋ぐ刀が装着されます…解き放たれる直前です。

image.jpeg  image.jpeg

image.jpeg  image.jpeg
巨大な鉄塊がかなりのスピードで回転する様はそれはもう神々しかったです!
只々眼前で高速回転する鉄塊にひれ伏す事しか出来ません。


思えば彼は学生時代より回し続けて来ました。
それこそ海外でも。
まずはお疲れ様ですが、創作活動に終わりはないと思います。

今後の彼の動向に要注目です。



…という感じでアーツさいたまを堪能した1日でした。
いや〜尖った感性のアーティストの作品を見ることは刺激になりますね。

最近は業務の方が立て込んでおり、中々展示を見に行くことが難しい状況でしたが
こちらを見に行けた事に感謝です。


弊社は今、業務の方が大変立て込んでおります。
4月までは予断を許さない状況ですが、スタッフ一同力を合わせて切り抜けて行きます!

BBQやれるように頑張ろうな!w


株式会社オズアート


posted by OZ-ART at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会、イベント